AUTHOR

弁護士 吉村雄二郎

  • 2021年12月8日
  • 2022年7月28日

経営者必見!解雇予告・解雇予告手当のポイント

社長 当社で中途採用した社員が重要な経歴を詐称して採用されていたことが発覚しました。そこで,重要な経歴詐称を理由に,即時(懲戒)解雇したいと考えております。法律では解雇予告又は解雇予告手当の支払をしなければなら […]

  • 2021年11月30日
  • 2021年11月30日

最寄駅より手前の駅から徒歩で通勤している社員が熱中症で倒れて負傷した場合、通勤災害になるか

社長 通勤に関して、会社として可能な限り公共交通機関を利用するように注意・指導していますが、それを聞き入れず、健康のためだからと言って、事業所の最寄り駅から2個手前の駅で降車し徒歩で通勤している社員がいます。仮 […]

  • 2021年11月25日
  • 2021年11月30日

インターンシップの学生に対する言動でもパワハラ防止措置の義務違反を問われるか

社長 普段は穏やかなのですが、インターンシップの学生に対しては高圧的な言動をとる社員がいます。別の社員から「パワーハラスメントではないかと不安に思う」との指摘があったため、人事部から本人に注意をしましたが、「社 […]

  • 2021年11月22日
  • 2022年6月5日

知らないと後悔する!?偽装請負と言われない為のチェックポイント

「偽装請負」とは、契約書上、形式的には請負(委託)契約であるが、実態としては労働者派遣であるものをいいます。 偽装請負は派遣法違反の法的責任が発生しますが、特に労働契約申込みみなし制度により請負企業の従業員を直 […]

  • 2021年11月22日
  • 2021年11月22日

契約期間3年の契約社員が期間中に退職を申し出てきた場合、拒否してもよいか

社長 雇用契約期間を3年間とする契約社員が、入社から1年しかたたないのに退職したいと申し出てきました。理由を聞いても明確な答えがなく、会社としては納得できません。本人の働きぶりには問題がなく、職場の上司や同僚と […]

  • 2021年11月22日
  • 2021年11月22日

契約社員に対して、厳しい競業避止義務を課すことは可能か

社長 当社に機密性の高い情報を取り扱う部署があり、社員区分を問わず、退職後3年間の競業避止義務を誓約させています。しかし、ある契約社員が配偶者の転勤に伴って会社を退職することとなり、「やむを得ない事情で退職する […]

  • 2021年11月16日
  • 2022年6月21日

経営者必見、退職勧奨の進め方(書式あり)

社長 当社は中堅電機メーカーですが,長引く不景気,業界内の競争激化のあおりを受け,収益が悪化し,人員削減を行わざるを得ない状況となりました。そこで,リストラ対象者に対し退職勧奨を実施しました。対象者の一人は長年 […]

  • 2021年8月23日
  • 2021年11月3日

業績悪化を乗り越える賃金カットの方法

会社の業績が悪化したため、経営の安定のために、賃金カットを行いたいという経営者も多いことでしょう。 しかし、賃金は従業員の生活の糧であり重要な労働条件の一つです。それをカット(削減)することは従業員に大きな影響 […]

  • 2021年8月16日
  • 2021年11月1日

転籍について法的ポイント

社長 当社では、管理職ポスト数の関係で、当社において管理職になれなかった一定の年齢に達した従業員を、関連会社へ転籍させる必要があります。転籍についての法的なポイントを教えてください。 弁護士吉村雄二郎 企業との […]

  • 2021年8月16日
  • 2021年11月1日

出向についての法的ポイント

社長 当社では、管理職ポスト数の関係で、当社において管理職になれなかった一定の年齢に達した従業員を、関連会社へ出向させる必要があります。出向についての法的なポイントを教えてください。 弁護士吉村雄二郎 出向とは […]

  • 2021年8月16日
  • 2021年11月1日

配置転換の法的ポイント

社長 従業員の出張・転勤などの配置転換は,会社が自由に決定することが出来て,これに従わない従業員を処分することは出来るのでしょうか?配置転換の法的ポイントを教えて下さい。 弁護士吉村雄二郎 配置転換(配転)とは […]

  • 2021年8月16日
  • 2021年11月1日

団体交渉を拒否した場合、罰則はあるのか?

当社は労働組合との団体交渉に多数回にわたり応じて参りましたが、既に議論は尽くされて平行線を辿っている状況となっています。そこで、団体交渉の打ち切りをしたいと考えています。ただ、団体交渉の打ち切りをした場合、労働 […]

  • 2021年8月15日
  • 2023年1月6日

団体交渉はどこまで応ずるべきか?(誠実交渉義務)

社長 当社は労働組合の要求について、団体交渉に応ずることとしました。しかし、どこまで応ずる必要があるのでしょうか?単に団体交渉のテーブルについて組合側の言い分を聞けばよいのでしょうか?当社の見解や根拠のほか、労 […]

  • 2021年8月15日
  • 2022年9月13日

知っておきたい団体交渉の注意事項

1 団体交渉とは? 団体交渉とは、労働組合が組合員のために使用者と労働条件その他について交渉することをいいます。 団体交渉は労働組合の最も重要な役割とされており、憲法は、労働者に団結権を保障するとともに、労働者 […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

労働審判手続はどこの裁判所(管轄)で行うのか?

社長 会社を退職した社員が残業代を請求してきました。当社としては支払うつもりはないことを伝えたところ,労働審判手続を起こすとの噂を耳にしました。労働審判手続はどこの裁判所で行われるのでしょうか。遠方の裁判所の場 […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

労働審判手続の審理期間・回数はどのくらいか?

社長 会社を退職した社員が解雇の無効を主張して労働審判手続を申し立てました。会社としては,第1回労働審判手続期日呼出状及び答弁書催告を受け取り,答弁書の提出や労働審判手続期日への出席など対応をしなければなりませ […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

社会保険労務士は労働審判手続に関与できるか?

社長 会社に第1回労働審判手続期日呼出状及び答弁書催告状が届きました。社員(労働者)から労働審判を申し立てられたのです。知り合いに弁護士はおりませんが、社会保険手続や給与計算をお願いしている顧問社会保険労務士の […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

会社は第1回労働審判手続期日に誰が出席するべきか?

社長 会社に第1回労働審判手続期日呼出状及び答弁書催告状が届きました。そこには,第1回労働審判期日が約1ヶ月後に指定されています。しかし,一体会社側では誰が出席すればよいのでしょうか。また,出席した場合,一体何 […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

会社必読!10分で分かる労働審判手続の流れ

社長 「第1回労働審判手続期日呼出状及び答弁書催告状」を受け取りました。先月当社を退職した社員(労働者)から裁判を起こされたようです。しかし,そもそも労働審判手続とはいかなる裁判なのか?全体の流れやスケジュール […]

  • 2021年8月14日
  • 2022年9月9日

会社必見!労働審判を依頼する弁護士の選び方

労働審判を申し立てられた会社が弁護士を選ぶ際に知っておきたい3つのこと 会社に第1回労働審判手続期日呼出状及び答弁書催告状が届いた。 従業員から労働審判を起こされたのだ。速やかに弁護士に相談・依頼をしたいが,一 […]

  • 2021年8月13日
  • 2022年11月23日

労働時間を立証する証拠及び証拠価値

社長 当社の従業員が残業代を請求してきています。今後労働審判や訴訟に発展する可能性があります。当社ではタイムカード等による労働時間管理を行っておらず,従業員側が証明することは出来ないと踏んでいますが,従業員はど […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年8月13日

時間外・休日・深夜労働の要件

社長 時間外・休日労働を命ずるための要件について教えてください。 弁護士吉村雄二郎 ①時間外・休日労働について36協定を締結し、労働基準監督署長に届け出ること ②就業規則において、時間外・休日労働に関する合理的 […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年10月29日

36協定が必要な理由

社長 使用者は,労働者を法定労働時間を超えて労働させる場合又は法定休日に労働させる場合は,どのような手続が必要ですか? 弁護士吉村雄二郎 使用者は,労働者を法定労働時間を超えて労働させる場合又は法定休日に労働さ […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年10月29日

休日に関する法律上のルール

社長 休日とはどのようなものでしょうか? 弁護士吉村雄二郎 休日とは,労働契約上労働の義務がない日のことをいいます。法律では,使用者に休日付与義務を課しています。この休日を法定休日といいます。この法定休日につい […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年10月29日

休憩時間に関する法律ルール

社長 休憩時間についての法律の定めについて教えてください。 弁護士吉村雄二郎 ○労働基準法上,使用者が義務づけられている最低限の休憩時間は次のとおりです。 労働時間 休憩 6時間を超える場合 45分 8時間を超 […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年10月28日

フレックスタイム制のポイント

社長 フレックスタイム制のポイントについて教えてください。 弁護士吉村雄二郎 1ヶ月以内の一定の期間の総労働時間を定めておき,労働者がその範囲内で各日の始業及び終業の時刻を選択して働くことにより,労働者がその生 […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年10月28日

事業場外みなし労働時間制とは?

社長 当社には営業社員がいるのですが,いわゆる直行直帰を行うことも多く,実際に何時まで仕事をしていたのかわからない状況となっています。また,営業社員に対しては,一定の営業手当は払っていますが,残業代は払っていま […]

NO IMAGE

労働問題に関する
法律相談はこちら

営業
時間
平日(月~金)10:00〜18:00
土日祝日は休業