賃金・賞与・退職金
CATEGORY

賃金・賞与・退職金

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

有給取得を理由に賞与のマイナス査定ができるか? 

社長 当社では.毎年4月の賃上げに際して勤怠査定を行っています。遅刻・早退や欠勤についてはマイナス査定をしても問題はないと思いますが、労基法や育児・介護休業法に定められている休暇や短時間勤務についてもマイナス査 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

払いすぎた賃金を返還させる方法

社長 当社の社員Yが,転居して通勤費用が従前より下がったにもかかわらず、その旨を会社に申告しなかったため、3年にわたり通勤手当を過分に受給していたことが判明しました。Yは悪意があった訳ではなさそうなので懲戒処分 […]

  • 2021年8月12日
  • 2022年1月26日

能力不足を理由に賃金減額(カット)ができるか?

社長 当社の従業員Yは、入社10年目なのですが、未だにミスが多く業務知識も不十分で仕事に取り組む姿勢も消極的です。同じ勤続年数の社員と比較して、明らかに能力が不足しています。ただ、賃金自体は、勤続10年目相応の […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

年度更新で年棒額を一方的に減額することはできるか

社長 当社は年俸制を導入して3年になります。昨今の会社の業績不振と当該社員の成績不振を理由として,ある社員の次年度の年俸額を10%引き下げようとしたところ,「年俸額を一方的に減額するのは法律違反だ」と主張して紛 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

年俸制社員の欠勤控除や残業手当の計算方法

社長 当社では,これまで管理職のみに適用していた年俸制を一般社員にまで拡大しようと考えています。当社の賃金体系は,従来の基本給部分の16倍を年俸として,月々は年俸の16分の1に加え,家族手当や住宅手当,単身赴任 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

定期昇給は必ずしなければならない?

社長 定期昇給やベースアップは必ず4月に行わないといけないのですか? 弁護士吉村雄二郎 あらかじめ定められた賃金表に基づき、使用者が従業員に対し定期的に賃金の引き上げを行うことを、一般に「定期昇給」と呼んでいま […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

賃金請求を放棄したとの反論は通用するか?

社長 労働者からの残業代の支払を求める労働審判や訴訟において,労働者が残業代支払請求を放棄しているとの反論ができると聞きました。具体的にはどのような場合に出来るのでしょうか? 弁護士吉村雄二郎 残業代請求権が発 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

賃金規程の定め方と賞与の支払い義務

社長 我が社の給与規程には,「会社は業績に応じて賞与を支給する」との定めがあり,これまで,ときに変動はありましたが,毎年2回,夏は給料の2カ月分前後,冬は給料の3カ月分前後を賞与として支払ってきました。ところが […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

従業員の賃金が差し押さえられた場合の会社の対応

社長 当社の従業員Yが、各種ローンによる多重債務に陥り、裁判所より給与の差押命令が送達されました。この場合、当社としてはどのように対応すべきなのでしょうか? 弁護士吉村雄二郎 労基法24条は賃金は直接労働者に支 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

賃金の口座振り込みを行うために必要なこと

社長 当社では現在賃金を現金にて支給しておりますが、今後、口座振り込みにしたいと考えております。どのように進めればよいでしょうか? 弁護士吉村雄二郎 ①労働者の同意を得ること, ②労働者が指定する銀行その他の金 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

賃金の一部を現物(商品券等)で支払えるか?

社長 当社は今期まで急激に業績が悪化したため、誠に遺憾ながら、年末の賞与の一部を当社の製品で現物支給とすることにしたいと思っています。このようなことは可能でしょうか? 弁護士吉村雄二郎 労基法24条1項は,「賃 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月28日

遅刻・早退による賃金カットができるか?

社長 社員の正当な理由のない遅刻・早退に対しては罰として賃金カットを行いたいと思います。無制限に賃金カットを行っても大丈夫でしょうか? 弁護士吉村雄二郎 賃金カットによる制裁には、労基法91条の制限があります。 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

退職金制度を設置する義務はあるか

社長 当社には,現在,退職金制度がありませんが,長期勤続者が退職した場合に限り,勤続年数に応じた餞別金を支給してきました。法律上,企業には退職金制度を設ける義務があるのでしょうか。また,これまで行ってきた餞別金 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

退職金の支払期日

社長 従業員Aが,来月末日,自己都合で退職することになりました。Aは,退職と同時に転居する予定なので,賃金および退職金を退職日に現金で直接支給してほしいと希望しています。当社の賃金規定では,毎月の給与は毎月10 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

退職金からの貸付金の控除

社長 当社の社内住宅資金貸付規程では,社員が退職する際,社内貸付の残額を退職金から控除することとしており,金銭消費貸借契約書にもその旨を記載してあります。社員が予定より早めに退職するときは,控除金額が退職金の半 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

待機時間・仮眠時間であるとの反論

社長 労働者からの残業代の支払を求める労働審判や訴訟において,労働者が主張する労働時間は,実際には待機時間・仮眠時間であって実労働時間とは異なるとの反論がなしえると聞きました。具体的にはどのような反論なのでしょ […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

賞与の支給日在籍要件 

社長 我が社の就業規則には,「賞与はその支給日に在籍する者に対して支給する」と規定しています。この規定について,支給日直前に定年退職日を迎える人や解雇された者にも,賞与不支給として問題はありませんでしょうか。 […]

  • 2021年8月12日
  • 2022年2月3日

賞与の欠勤控除はできるか?

社長 当社では,賞与査定に際して,遅刻・早退はもとより,欠勤についても理由を問わずにマイナス査定の対象としています。ところが,労働組合が,交通機関の遅れによる遅刻は不可抗力であり査定に含めるべきではないとか,労 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月8日

賞与からの減給制裁

社長 当社の従業員Aは,過失によるミスで取引先から契約解除され,会社に対し100万円を超える損害与えました。そこで,賞与を不支給とする減給制裁を行おうと思います。減給には,月例賃金の10分の1以下という制限があ […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月6日

従業員の賃金前借りに応じてよいか?

社長 社員から,「妻が急に病気になって入院手術が必要となったので,医療費に充てるため,給料の前借りをしたい」と,給料2か月分の借入を申し出てきました。妻の病気は予想できないことで,金員が必要な事情もわかりますが […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月6日

自宅待機・出勤停止処分の場合の賃金

社長 当社のある事業所内で窃盗被害が生じました。どうやらその事業所のAという従業員が窃盗をはたらいたようで,Aも認める供述をしています。そこで,当社としては,非行を犯した疑いのあるAに対し,事実関係の調査や懲戒 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月6日

事業再編を理由とした賃金体系の変更 

社長 当社Aはこのたび,会社Bに吸収合併されることになりました。当社とB社では,賃金体系等の労働条件が異なります。この場合,合併後の賃金体系はどのようになるのでしょうか? 弁護士吉村雄二郎 企業合併の類型には, […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月6日

私傷病による職務変更に伴う賃金減額ができるか?

社長 当社の52歳の営業部長Yから「交通事故により右足を複雑骨折し完治まで約1年はかかるため、しばらくの間内勤に異動させてほしい」との要望がありました。 そこで、ひとますYを内勤業務(総務)に就かせる予定ですが […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月3日

裁判員に選任された場合の賃金の取り扱い

社長 当社の社員が裁判員に選ばれたとして,公判に出席するための休暇,賃金保障および不利益取扱いの禁止を求めてきました。当社の就業規則や労働協約には,裁判員選任に伴う労働時間や賃金の扱いについて具体的な規定をおい […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月3日

採用内定者に対する賃金支払義務がある?

社長 当社では新卒の採用内定者に対して内定時研修を4回実施しています。研修参加者には,毎回,交通費として3000円を支給するほか、採用後4月1日に研修手当として1回につき1万円(合計4万円)を支給する旨を参加者 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月3日

経営危機を乗り切るための賃金カット

社長 当社は長らく続いた不況の影響により業績不振に陥っています。経費削減等の策は講じていますが,それでも経営難は改善することはなく,最終手段としてやむを得ず従業員の賃金を切り下げようと考えています。賃金の切り下 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月3日

業務災害による休業者への賞与を支払う必要があるか?

社長 当社では,来月の15日に賞与を支給しますが,労働災害のため算定期間のほとんどを休業している従業員がいます。労働災害とはいえ,勤務していない期間については支給対象から除外してもよいのでしょうか。それとも,労 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年10月1日

退職に伴いサイニングボーナスを返還させる約束は有効か?

社長 当社で,即戦力となる中堅クラスの営業マンを採用するにあたり,雇用開始日から1年以内に自己都合により退職した場合には返還するという条件で奨励金(サイニングボーナス)の150万円を支給しています。そうしたとこ […]

  • 2021年7月5日
  • 2022年4月5日

懲戒解雇した場合,退職金を没収(不支給)・減額できるか?

社長 当社の従業員Yは,在職中に当社と競合する会社の設立に参画しておりました。そこで、当社は、業務を著しく阻害し,信用を毀損して就業規則に違反したことを理由に,Yを懲戒解雇しました。懲戒解雇に伴い,退職金を没収 […]

  • 2021年6月15日
  • 2022年4月7日

10分で分かる!平均賃金の計算方法

社長 労働基準法に「平均賃金」という言葉がよく出てきますが,これはどのように計算されるのでしょうか。 弁護士吉村雄二郎 平均賃金は、3ヶ月前に支払われた賃金の総額をその期間の総日数(暦日)で除した金額です。労基 […]

NO IMAGE

労働問題に関する
法律相談はこちら

営業
時間
平日(月~金)10:00〜18:00
土日祝日は休業