痴漢_懲戒

痴漢・盗撮・わいせつによる懲戒事例【報道】

報道機関が公表する懲戒処分事例のうち”痴漢・盗撮・わいせつ・その他非行の懲戒事例”について情報を整理した。

懲戒処分の検討に際しては,公的機関や民間企業における具体的な実例に過ぎず,必ずしも裁判に耐えうる処分事例とは限らないことを考慮の上,参考にしてもらいたい。

関連記事

社員による不祥事が生じた際,会社は懲戒処分を検討することが多い。会社の秩序を守るためには厳しい処分をもって臨みたい。しかし,懲戒処分の選択を誤ると,後々になって従業員から懲戒処分無効の訴訟を起こされるリスクがある。とはいえ,[…]

懲戒処分の基準
目次

痴漢・盗撮・わいせつ等

2018.5.9 埼玉県教育委員会 スーパーで盗撮した校長を懲戒免職処分

埼玉県教育委員会は5月9日、4月に都内のスーパーで女子高校生のスカート内を盗撮したとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に逮捕された志木市立宗岡第三小学校の伊東孝泰校長(58)を懲戒免職にするなど懲戒処分2件を発表した。4月を「年度当初教職員事故防止強化運動期間」として取り組んでいた県教委の小松弥生教育長は「非常に重く受け止めている」とのコメントを発表した。
県教委によると、伊東校長は4月10日午後7時40~50分ごろ、東京都板橋区のスーパーのエレベーターで、女子高校生のスカート内を撮影。その後、4階の販売コーナーで同じ女子高校生を発見し、再び撮影した。校長は靴に小型カメラを隠して撮影していた。「盗撮に興味があった」と話しているという。この日は宗岡第三小の入学式だった。

2018.6.22 女性教諭→元教え子の男子高校生にわいせつ行為 群馬県教委が懲戒免職

元教え子の男子高校生に対してわいせつ行為をしたとして、群馬県教委は22日、県内の公立中に勤務する30代の女性教諭を21日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
女性教諭は昨年夏から冬にかけ、元教え子の男子生徒にわいせつ行為をした。県教委によると、女性教諭は「相談に応じている中で、わいせつな行為が起きた」と説明しているという。県教委は、相談内容について「学校生活のこと」とだけ説明。禁じられている私的なメールでやりとりをし、勤務時間外に学校以外の場所で面会していた。わいせつ行為は今年4月以降に発覚した。
県教委は、わいせつ行為の回数、刑事事件化しているのか、男子生徒が被害届を提出したのかなどの点について、生徒への配慮から「差し控える」とし、女性が恋愛感情を抱いていたかについても「把握していない」としている。わいせつ行為をされたのは、この男子生徒のみだという。(産経新聞)

2018.6.27 福島県 盗撮目的で女性職員の公舎に侵入の男性職員を懲戒免職

福島県は27日、相双地方振興局(南相馬市)の安斎弘之主任主査(42)を懲戒免職にした。県によると、5月17日午後0時15分ごろ、事前に振興局の金庫から盗んだ公舎の合鍵を使って女性職員の部屋に侵入し、盗撮目的でカメラを設置した。翌日、カメラ回収のため再び侵入し、南相馬署に住居侵入容疑で現行犯逮捕された。今月7日に同罪などで福島簡裁から罰金70万円の略式命令を受け、即日納付した。「好意をもっていた」とのこと。(河北新報)

2018.7.4 鳥貴族店長がバイト盗撮、懲戒解雇へ

居酒屋チェーン「鳥貴族」の椥辻店(京都市山科区)で、20代の男性店長がアルバイト店員の女性の着替えを盗撮し、懲戒解雇されていたことが4日、同社への取材で分かった。
鳥貴族によると、店長は6月15日、店内の更衣室でスマートフォンを使って女性の着替えを撮影した。女性が盗撮に気付いて発覚。店長は認めており、20日付で懲戒解雇処分になった。
同社は女性側に謝罪し、見舞金として1万3千円を支払った。
鳥貴族の担当者は「多大なご迷惑とご心配をおかけしおわびする。警察による捜査に全面的に協力する」と話している。

2018.7.5 桐生市が盗撮と露出の職員 懲戒免職

職員の不祥事が相次ぐ桐生市は4日、女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮した市教育委員会主任の林弓太容疑者(34)=県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕=と、女子大生グループの前で下半身を露出した市消防本部消防士、金丸稔容疑者(23)=公然わいせつの疑いで逮捕=を懲戒免職処分にしたと発表した。処分はいずれも4日付。
林容疑者は約1年半前から盗撮行為を、金丸容疑者も今年から複数回にわたり下半身を露出する行為を繰り返していたことが発覚。2人とも常習性が認められ、回数や犯行態様などから免職に至らざるを得ないと判断したという。
監督責任を問い、林容疑者の上司3人と金丸容疑者の上司4人も4日付で文書、口頭注意とした。会見した西場守総務部長は「組織が一丸となって、二度と起こさないように取り組みたい。改めて深くおわび申し上げる」と謝罪した。

2018.7.9 電車で痴漢、横浜市職員を停職10ヶ月

横浜市は9日、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕され、罰金の略式命令を受けたなどとして中区役所総務部戸籍課の男性職員(53)を停職10カ月の懲戒処分とした。
同市総務局などによると、職員は昨年11月6日午前8時過ぎ、JR根岸線横浜-関内駅間を走行中の電車内で20代女性の下半身を背後から触るなどし、目撃した乗客の男性に取り押さえられた。3月6日、横浜簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。職員は「(逮捕される)1カ月ほど前から繰り返し行っていた」と話している。(神奈川新聞)

2018.7.12 盗撮教諭を懲戒免職 学校トイレにスマホ設置

勤務先の中学校の女子トイレに盗撮目的で侵入したとして、県教育委員会は12日、建造物侵入容疑で逮捕された所沢市立中学校の男性教諭(27)を懲戒免職処分にした。
県教育局によると、教諭は5月15日午後0時40分ごろ、女子トイレに盗撮目的で侵入し、個室内に自分のスマートフォンを録画状態にして設置。同50分ごろ、女子生徒がスマホを見つけ、トイレ近くにいたこの教諭に届けた。
盗撮を隠ぺいしようと、家庭科担当の教諭は調理実習用の食材を買いに行くと偽って外出し、同じ機種のスマホを新たに購入。同日夜、購入したスマホをトイレで見つかったスマホとして別の教諭に提出した。盗撮の動機について、教諭は「アダルトビデオを見て思い付いた」と話しているという。(埼玉新聞)

2018.7.12 栃木県教委、講師2人を懲戒免職 18歳未満にわいせつ行為

県教育委員会は11日、18歳未満の少女と少年に対してわいせつな行為をしたとして、県警などに逮捕、起訴された小学校講師、舩山泰一容疑者(23)と中学校講師、若狭大輝被告(26)を懲戒免職処分にしたと発表した。
県教委などによると、舩山容疑者は、県内在住の少女に、18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとして、6月上旬に県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕され、その後、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで再逮捕された。舩山容疑者は懲戒処分を受けて「ご迷惑をかけて申し訳ない。事の重大さを受けとめて今後生活をしていきたい」と述べたという。
若狭被告は、千葉県の少年が18歳未満と知りながら、裸の画像をスマートフォンに送らせて保存し、児童ポルノを製造したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで千葉県警に逮捕され、その後起訴された。処分を受けて、「信頼してくれた生徒、保護者に大変申し訳ない。謝っても謝りきれない」と述べたという。
県教委の宇田貞夫教育長は「学校教育の根幹を揺るがすもので、慚愧(ざんき)の念に堪えない。各学校における危機管理意識の向上をはかっていく」とコメントした。(産経新聞)

2018.7.26 未成年にわいせつな行為をしたとして、中学校講師を懲戒免職処分

福岡県教育委員会は、未成年にわいせつな行為をしたとして、中学校講師を懲戒免職処分にしたと発表しました。 筑豊教育事務所管内の中学校に勤務する40代の男性講師は、18歳未満と知りながら知り合いの女性と去年5月から複数回に渡り、わいせつな行為を繰り返したということです。 福岡県教育委員会は「綱紀粛正に努め再発防止を図りたい」としています。

2018.7.26 41歳男性教諭が盗撮で懲戒免職 図書館女子トイレでスマホ使い女性の動画撮影

図書館の女子トイレで盗撮などを行ったとして、道教委は、北見の特別支援学校の男性教諭を懲戒免職にしました。 懲戒免職になったのは、北見支援学校に勤務していた山崎智史教諭41歳です。道教委によりますと、山崎教諭は今年1月、北見市内の図書館の女子トイレに忍び込み、個室にいた女性をスマートフォンを使って動画で盗撮したあと、市内のマッサージ店のトイレに盗撮目的でスマートフォンを設置したということです。山崎教諭は「教師という職の信頼を失墜させ申し訳ない」と話しているということです。(HBCニュース)

2018.7.29 少女にわいせつ 小学校講師懲戒免職

北九州市教育委員会は、当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、門司区の小学校の23歳の講師の男を27日「免職」の処分としました。 処分を受けたのは北九州市門司区の小学校の講師(23)です。 北九州市教育委員会によりますとこの講師は、去年9月SNSを通じて知り合った少女が当時14歳と知りながら、県内のホテルでわいせつな行為に及んだということです。 先月、警察の取り調べを受けたと勤務先の校長に報告して問題が発覚しました。 これを受けて北九州市教育委員会では、27日、講師を「免職」の処分としました。 講師はこのほかことし5月から6月にかけて別の当時17歳の少女に対してもわいせつ行為を行っていたとして、14歳の少女の事件と合わせて今月18日、県青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検されたということです。 教育委員会の調査に対して、講師は「理性が負けてしまった。被害者と児童に対して大変申し訳ない」などと話しているということです。 北九州市教育委員会は「学校教育への信頼を大きく損ねることになり、大変申し訳ありません。今後は綱紀粛正に努め、再発防止をはかりたい」と謝罪しました。

2018.8.9名古屋市、女子児童の下着姿の画像2点をHDDに保存していた職員を懲戒免職

名古屋市は児童ポルノ規制法に違反したとして起訴されている39歳の男性職員を懲戒免職としました。
懲戒免職となったのは名古屋市交通局緑営業所の39歳の男性職員です。男性職員は今年2月、インターネット上で販売する目的で、 女子児童の下着姿の画像2点と画像を保存したハードディスクを自宅で保管していたなどとして今年4月に逮捕・起訴され、現在公判中です。
名古屋市交通局の調べに対し、男性職員は「昔から未成年の女の子の裸に興味があり、趣味で集めていた」と話しているということです。

2018.8.15 「JKリフレ」女子高生買春で職員逮捕 懲戒免職

相模原市は15日、女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで7月に県警に逮捕された下水道保全課の男性主任(35)を懲戒免職処分にした。
市職員課によると、男性主任は4月、東京都内のホテルで、女子高校生(17)に現金3万円を手渡し、みだらな行為をしたという。女子高校生にマッサージなどのサービスを提供させる「JKリフレ」のインターネットサイトを利用し、女子生徒を紹介されていた。

2018.8.27 高校で7年にわたり女子生徒盗撮 男性教諭を懲戒免職

神奈川県教育委員会は27日、勤務先の高校などで盗撮を繰り返していたとして、横浜市内の県立高校の男性教諭(30)を懲戒免職処分とした。
県教委によると、同教諭は2012年秋ごろから今年7月まで、同高や以前勤務していた県立高などで、スマートフォンを使って不特定の女子生徒のスカート内の盗撮を繰り返した。
先月23日に、校内の階段で盗撮されたことに気付いた女子生徒が、被害を別の教諭に相談して発覚。県警にも被害を相談した。
県教委の聴取に対し、男性教諭は、前任校を含め計30人程度を盗撮したと認め、「感覚がまひしてしまった。盗撮を1度は辞めようと思ったが、衝動を抑えきれなかった」と話しているという。
また、勤務する中学校の女子生徒に乗用車内で抱きつき、キスをしたとして県西地区の公立中の男性教諭(27)を停職6カ月の懲戒処分にした。(神奈川新聞)

2018.8.24 和歌山県教委が小学校教諭を懲戒免職 浴室のぞき撮影

和歌山県教育委員会は24日、女性の裸を見ようと民家に侵入し浴室をのぞいたり、スマートフォンで動画撮影したりしたとして、橋本市立三石小学校の堂本恭平教諭(32)を懲戒免職にした。
県教委によると、堂本教諭は6月6日午後6時ごろ、勤務帰りに、目を付けていた橋本市の民家の近くに駐車。明かりがついた7時ごろに浴室の窓を開け、スマートフォンを差し入れて動画撮影した。浴室から叫び声が聞こえたので、立ち去ったという。同月19日に住居侵入の疑いで警察に逮捕された。
県教委の聞き取りに堂本教諭は、女性の裸を見たいというわいせつ目的だったと供述。6月17日にも同市の別の民家で浴室をのぞき、女性の入浴姿を見た上、スマホで動画撮影、保存するなど、1年ほど前から同様の行為を複数回してきたことも認めたという。
県教委学校人事課の松本泰幸課長は記者会見し「本県の教育に対する信用を著しく失墜させるものであり、大変遺憾。教職員に対し、不祥事根絶の取り組みを徹底するよう厳しく指導する」と謝罪した。(紀伊民報)

2018.8.29 準強制わいせつ容疑で逮捕の幹部社員を懲戒解雇

サッカーJ1のサガン鳥栖は29日、準強制わいせつ容疑で28日に逮捕された幹部社員(34)を同日付で懲戒解雇処分とすることを決定したと発表した。竹原稔社長(57)は監督者責任の不備により、報酬月額の全てを6カ月間(2018年8月29日付)返上する。
クラブは「弊社社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、被害に遭われた女性、関係者の皆さまに改めてお詫び申し上げます。弊社では、今後このようなことが起きぬよう社員教育の徹底に一層努めてまいります」と改めて謝罪している。
逮捕容疑は6月21日午後10時55分ごろ、福岡市博多区の公園で「モデル体形か確認する」などと言って同市の女性(24)の胸などを触った疑い。幹部は「私がやったことだと思う」と容疑を認めている。

2018.9.26 TBS社員 未成年少女を自宅に連れ込み逮捕された社員を懲戒解雇

TBSの佐々木卓社長(58)が26日、東京・赤坂の同局で定例会見を行い、同局の男性社員が静岡県内にする10代の少女を自宅に連れていったなどとして、未成年者誘拐の疑いで静岡県警焼津署に逮捕(のちに不起訴処分)された件について、改めて謝罪した。
「まずはじめに、関係の皆様方に改めて深くお詫び申し上げたいと思います」と謝罪。「元社員は不起訴になりましたが、社内調査の結果、就業規則違反が認められましたので21日付で懲戒解雇とした次第です」と報告した。「元社員の行動は報道機関であるTBSテレビ局の社員としては、著しく不適切であり、厳しく対処したところであります。我々は報道機関であり、高い倫理観を求められていることを一人ひとりが自覚する必要があると考えております」とした。
逮捕容疑は、8月中旬から9月2日までの間、同県中部に住む10代少女が未成年と知りながら、渋谷区の自宅に連れて行くなどした疑い。裏付け捜査を進める中で、告訴が取り下げられたことなどから、静岡府県は21日に男性社員を処分保留で釈放し、その後、不起訴とした。(スポニチ)

2018.11.9 東京税関職員が児童買春=罰金60万円の略式命令

東京税関は9日、課長補佐級の40代男性職員が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、略式起訴され、東京簡裁から罰金60万円の略式命令を受けたと発表した。職員は同日付で停職6カ月の懲戒処分とされ、辞職した。
税関によると、職員は3月、埼玉県内のホテルで、インターネット交流サイト(SNS)上で知り合った少女に現金2万5000円を渡してみだらな行為をしたという。

2018.11.22 更衣室下着窃盗、携帯電話で撮影 仙台市職員を懲戒免職

仙台市は22日、女子更衣室に繰り返し侵入し、下着を盗んだとして人事課の専門員を懲戒免職処分にした。 市によると、専門員は市環境局松森工場勤務だった2014年から今年にかけ、泉区の官公署の女子更衣室に約20回にわたって侵入。ロッカーから下着を盗み、携帯電話で撮影していた。8月28日に盗みなどの疑いで泉署に逮捕され、現在公判中。逮捕を受け人事課に異動となった。 市人材育成部の浅野吉昌部長は「市民の信頼を大きく損ねたことをおわびする」と謝罪した。(河北新報)

2018.11.30 スーパーで女性の下半身触った疑い…示談し不起訴の市職員を停職6カ月

埼玉県草加市は30日、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで書類送検され、不起訴処分となった主幹級男性職員(57)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。
男性職員は8月5日、市内のスーパーマーケットで買い物中の20代女性の下半身に触ったとして、10月17日に県迷惑行為防止条例違反の疑いで県警に書類送検された。被害者との示談が成立し、男性職員は不起訴処分となった。(埼玉新聞)

2018.12.3 段ボールでカメラ隠し女子中生を盗撮し逮捕 元教諭を懲戒解雇

勤務先の中学校で女子生徒を盗撮したとして、兵庫県警甲子園署は3日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、元西宮市立中教諭の男(29)=加古川市=を逮捕、送検した。
逮捕、送検容疑は8月上旬、校内の女子更衣室にビデオカメラを入れた段ボール箱を設置し、女子生徒2人を撮影した疑い。容疑を認めているという。
同署によると、男の自宅のハードディスクに、盗撮したとみられる複数の動画が保存されていた。同校の生徒が10月、教室にあった段ボール箱の穴からレンズがのぞいているのに気付いて発覚した。
男は兵庫県教育委員会の調査に20回以上繰り返したと認め、県教委が11月20日付で懲戒免職にしていた。(神戸新聞)

2018.12.4 ホテルで中2少女に現金渡し、わいせつ行為の疑い…不起訴処分の消防副士長を懲戒解雇

西入間広域消防組合は3日、同組合総務課付けの消防副士長男性(29)を11月30日付で懲戒免職処分にした、と発表した。
同組合によると、消防副士長は3月18日午後、鶴ケ島市のホテルで、当時14歳の中学2年の少女に現金3万円を渡してわいせつな行為をした。神奈川県警に9月19日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されたが、10月31日付けで不起訴処分になった。2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。

2018.12.3 痴漢疑い陸曹長を停職

陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(茨城県土浦市)は3日、電車内で女性に痴漢行為をしたとして、関東補給処の男性陸曹長(52)を停職20日の懲戒処分にした。
駐屯地によると、陸曹長は昨年4月、東京都内を走行する電車内で、面識のない女性の尻を触ったとして、強制わいせつ容疑で現行犯逮捕された。逮捕当時は飲酒した後で「酩酊して記憶がない」と話していたが、その後容疑を認め、女性とは示談が成立。不起訴処分になったという。(産経新聞)

2018.12.10 県職員、同意なく性的行為で停職6ヶ月懲戒処分 職務で知り合った女性に

秋田県は10日、知人女性に同意がないまま性的行為をして、けがを負わせたとして健康福祉部の男性職員(35)を停職6カ月の懲戒処分とした。管理監督責任を問い、上司の男性(59)と女性(53)をそれぞれ訓告とした。
県人事課によると、男性職員は職務を通じて女性と知り合った。秋田市内で5月、女性の同意がないまま体に触れるなどし、けがを負わせたほか、身体的、精神的な被害を与えた。同月中に女性から人事課に連絡があり、県が聞き取りして確認した。

2018.12.14 女子高生とみだらな行為 男性2等陸曹を停職3ヶ月懲戒処分

陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市緑ケ丘7)は14日、女子高校生とみだらな行為をするなどした中部方面衛生隊の男性2等陸曹(43)を、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。15日付で依願退職するという。
同駐屯地などによると、2等陸曹は7月、インターネットで知り合った青森県在住の女子高校生と、同県内のホテルでみだらな行為をした。その後、高校生にわいせつな画像を送信させ、「実名と住所をさらすよ」などと脅したという。
2等陸曹は9月27日、青森県警に県青少年健全育成条例違反と脅迫の疑いで逮捕された。(神戸新聞)

2018.12.14 電車で男子高生に痴漢 県警科捜研主幹を停職1ヶ月処分

通勤中の電車内で男子高校生に痴漢行為をしたとして、兵庫県警は14日、県迷惑防止条例違反の疑いで、県警科学捜査研究所の男性主幹(58)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にした。男性主幹は同日付で依願退職した。捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、書類送検容疑は今年夏以降、JR神戸線の電車内で2度にわたり、県内の男子高校生の下半身を触った疑い。いずれも神戸市中央区にある職場に出勤途中だったという。
男子高校生の家族から県警に相談があり、警察官が電車に同乗して警戒したところ、男子高校生が覚えていた特徴などが、乗り合わせた男性主幹と一致。スマートフォンに性的志向を示す保存画像などがあり、事情を聴くと容疑を認めたという。

2018.12.14 高校部活の女子部員にセクハラ繰り返す 顧問の男性教諭 減給10分の1(6ヶ月)

神戸市教育委員会は14日、女子生徒にセクハラを繰り返したとして、市立高校の男性教諭(53)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としたと発表した。
市教委によると、男性教諭は2017年8月~18年5月、顧問を務めていた部活動の女子部員を体育倉庫へ連れ込み「自分のことを好きなら抱きしめたいと思った」と言ったり、メールで「自分はどんな存在か」と尋ねたりするなど計6件のセクハラ行為をした。市教委には「性的な意図やセクハラの認識はなかった」と説明したという。
男性教諭は10年前にも部活動の指導中に女子生徒の体を触るなどしたが、当時はセクハラと判断されず、処分もなかった。市教委は「研修を受けさせたが対応が甘かった。反省している」とした。
また、9月に体育の授業中、男子生徒の態度に腹を立てて手のひらで顔をたたき、鼻の骨を折るなどのけがを負わせたとして、長田区の市立中学校の男性非常勤講師(26)をけん責とした。一般職員の戒告に相当する。(神戸新聞)

2018.12.18 スカート内盗撮の係長に停職4カ月 稲敷市が処分

稲敷市は18日、千葉県警香取署に県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された市秘書広聴課の男性係長(43)=同県香取市=を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。
市などによると、係長は10月4日午後9時20分ごろ、同市内の店舗で、店員の30代女性のスカート内にスマートフォンを差し入れた疑いで翌5日に逮捕された。(茨城新聞)

2018.12.20 中3女子にみだらな行為 県立高臨時教諭 懲戒免職

横浜区検は20日、児童買春・ポルノ禁止法違反と県青少年保護育成条例違反の罪で、県立高校の元臨時教諭の男性(41)を略式起訴した。横浜簡裁は同日、罰金100万円の略式命令を出した。
起訴状などによると、男性は6月27日朝、横浜市緑区の駐車場に止めた乗用車内で、中学3年の女子生徒(14)に現金を渡す約束をしてみだらな行為をし、9月23日には神奈川県内の男性宅で少女にみだらな行為をした、としている。
県警は11月7日、同法違反の容疑で男性を逮捕。県教育委員会は同22日に、男性を懲戒免職にした。(神奈川新聞)

2018.12.22 女子高生に性行為を強要した消防士 懲戒免職

千葉市消防局は21日、女子高校生に性行為を無理強いしようとしたなどとして、若葉消防署の消防司令補、三上和也被告(21)=強要などの罪で起訴=を懲戒免職処分にした。管理監督責任として同消防署の男性署長(57)と男性副署長(56)をいずれも消防長訓戒とした。
同消防局などによると、三上被告は11月5日、女子高校生の性行為を撮影した動画を入手したように装い、自分のスマートフォンから自分との性行為などを要求した他、裸の画像を送信させたとされる。当時は同消防署泉出張所で出動に備えた待機中で、他の職員は三上被告の犯行に気付かなかった。
三上被告は約1年前にツイッターで女子高校生と知り合ったとみられる。「自分が非常識な大人だった。相手には申し訳ない」と反省しているという。(千葉日報)

2019.1.10 教え子女子高生とみだらな行為 中学教諭を懲戒免職

横浜市教育委員会は10日、教え子だった女子高校生とみだらな行為をしたとして、市立中学校の20代男性教諭を懲戒免職にした、と発表した。
市教委によると、男性教諭は、中学校の卒業式後から女子高校生と無料通信アプリLINE(ライン)で連絡を取り合うようになり、2017年4月に2度みだらな行為をした。
女子高校生が、在籍している高校の教諭に、男性教諭とのラインの内容を相談したのがきっかけで発覚したという。(神奈川新聞)

2019.1.18 児童ポルノ所持、小学教諭免職 札幌市教委

札幌市教委は18日、児童ポルノを所持した市立小学校の男性教諭(57)を懲戒免職にするなど2件の懲戒処分を発表した。
市教委によると、この教諭は18歳未満の外国人の女児の裸が写ったDVD1枚を所持したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検され、昨年12月に札幌簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。

2019.1.23 少女とみだらな行為、県職員を懲戒免職

佐賀県は23日、県青少年健全育成条例違反(みだらな行為・深夜外出)の疑いで逮捕された県循環型社会推進課の職員(31)を懲戒免職にした。
県人事課によると、職員は、チャットアプリで知り合った福岡県筑紫野市に住む少女(当時17歳)を2018年9月7、8日にかけて深夜に外出させた上、佐賀市内の職員の自宅でみだらな行為をしたとして、福岡県警春日署に今月9日に逮捕された。現在は釈放され、検察の捜査が続いているという。
人事課が15日に本人に聞き取りをしたところ、「少女が17歳だと知っていた」と話したため、過去の類似したケースも考慮して処分内容を決めた。(佐賀新聞)

2019.1.24 スカート内をスマホで盗撮 箱根町職員、停職6カ月

箱根町は24日、女性のスカート内を盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕された男性職員(53)について、停職6カ月の懲戒処分とした、と発表した。
男性職員は昨年10月24日夜、小田原市前川の商業施設内で、買い物をしていた女性のスカート内をバッグに入れたスマートフォンで盗撮したとして、小田原署に現行犯逮捕された。今月17日、小田原区検が不起訴処分としていた。
町によると、男性職員は「申し訳ない気持ちでいっぱい。処分を重く受け止め、反省を深め、今後このようなことがないよう気持ちを入れ替えたい」と話しているという。(神奈川新聞)

2019.1.25 少女にわいせつ 男性講師懲戒免 茨城県教委

茨城県教委は25日、18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、公立中の男性講師(27)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。
県教委によると、公立中の男性講師は、昨年8月末ごろにかけ、少女が18歳未満と知りながら複数回にわたり、車内で抱き付いたり、胸を触ったりするなどのわいせつな行為をした。同11月に学校に連絡があり発覚。男性講師は事実を認め、県教委に「相手や学校に迷惑を掛けて申し訳ない」と話したという。

2019.1.25 警察事務 強制わいせつで停職3ヶ月

県警監察課は25日、移動中の車内で少女2人の胸を触ったとして施設装備課の50代男性事務職員を強制わいせつ容疑で書類送検したと発表した。県警は同日付で、事務職員を停職3カ月の懲戒処分とし、同人は依願退職した。(宮崎日日新聞)

2019.1.29 女性の脚盗撮の川崎市職員を懲戒処分 過去に痴漢で逮捕も

川崎市は29日、盗撮行為をしたとして、建設緑政局の男性技術職員(42)を停職3カ月の懲戒処分とした。男性職員は同日付で依願退職した。 市人事課によると、男性職員は昨年12月21日夕、藤沢市のディスカウントストアで、スマートフォンを使って無断で女性の脚などを動画撮影した、とされる。店員に見つかった後、藤沢署の取り調べを受け、盗撮行為を認めたという。 男性職員は2017年7月、電車内で女性の下半身を触ったとして県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕された。不起訴処分となったが、市は停職1カ月の懲戒処分にしていた。(神奈川新聞)

2019.1.29 スマホで盗撮 高校教諭懲戒免職

兵庫県教育委員会は29日、JR三ノ宮駅で女性を盗撮したとして津名高校(淡路市)の男性教諭(25)を、領収書の偽造を繰り返し、79万円を着服したとして姫路市立城東小学校の前教頭の男性(53)=同小付=を、それぞれ懲戒免職にした。 男性教諭は昨年12月10日夜、三ノ宮駅の上りエスカレーターで、前にいた女性のスカートにスマートフォンを差し入れ、動画を撮影。女性に見つかり、県警葺合署に県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。「酒を飲んだ後で気が緩んでいた」と釈明しているという。(神戸新聞)

2019.2.4 準強制わいせつ容疑の自衛官を停職7ヶ月処分

自衛隊沖縄地方協力本部(沖縄地本)は4日、昨年11月に陸上自衛隊那覇駐屯地内を訪れた30代女性が、体調を崩し一時気を失った際に体を触ったり、携帯電話で下半身を盗撮したりしたとして、沖縄地本所属の男性陸曹長を停職7カ月の懲戒処分にした。陸自警務隊は4日までに、準強制わいせつ容疑で那覇地検に書類送検した。陸曹長は近く依願退職する予定。(琉球新報)

2019.2.13 盗撮教諭を懲戒免職 道教委

道教委は13日、勤務先のトイレなどで盗撮した檜山管内の中学校の男性教諭(32)を懲戒免職にする処分を発表した。 道教委によると、懲戒免職となった男性教諭は昨年1月~5月にかけ、小型カメラを中学校の女子トイレや更衣室に設置して盗撮。道迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕され、罰金刑を受けた。(北海道新聞

2019.2.14 徳島市職員、盗撮で免職

徳島市は14日、女子高校生のスカート内を盗撮したとして市民環境部市民協働課の20代男性主事を懲戒免職としたと発表した。処分は同日付。 市によると、主事は昨年12月20日午後5時半ごろ、徳島駅前の商業施設のエスカレーターで女子高校生に近づき、手持ちかばんに忍ばせた小型カメラをスカート内に差し入れ、盗撮した。犯行を見た人に呼び止められて近くの交番へ行き、県迷惑行為防止条例違反の疑いで県警の事情聴取を受けている。 主事は当日休暇を取っており、12月22日に上司に報告。市の調べに対し、20日午前中にも列車内で盗撮行為をしたほか、約2年間盗撮を繰り返していたことを認めた。「最初は面白半分だったが、だんだん衝動が抑えきれなくなった」と話しているという。(徳島新聞)

2019.2.14 児童買春容疑で逮捕 不起訴の消防士停職3ヵ月処分

大崎地域広域行政事務組合(大崎市)は14日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、送検された遠田消防署の男性消防士(20)=同市=を、15日から停職3カ月とする懲戒処分を発表した。 組合によると、消防士は昨年2月23日夜、仙台市のホテルで山形県の女子高生=当時(16)=が18歳未満と知りながら現金を渡して性的行為をしたとして今年1月22日に仙台中央署に逮捕された。消防士は事実関係を認め、仙台地検は不起訴処分としていた。組合消防本部の高橋勇幸管理課長は「圏域住民の信頼を損ねてしまった。再発防止に努めていく」と話した。(河北新報)

2019.2.15 痴漢示談の横浜市職員、停職8カ月に 15年前にも痴漢

横浜市は15日、都内の店舗で女性の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された市健康安全課の男性職員(43)を停職8カ月の懲戒処分にした、と発表した。 市によると、職員は昨年5月24日午後7時ごろ、都内の雑貨店店内で、買い物中の女性の下半身を触ったとして、警視庁蒲田署に現行犯逮捕された。職員は帰宅途中の電車内で女性を見掛け、店まで付いていった。同年7月に被害女性と示談が成立し、職員は不起訴処分になった。 逮捕後、市が聞き取り調査をしたところ、職員が15年前にも電車内で痴漢行為をして交番で厳重注意されたと報告。市によると、職員は当時、職場に報告しなかった。(神奈川新聞)

2019.2.15 女子高生盗撮の消防士を懲戒免職 京都市「盗撮20回程度」

京都市消防局は15日、府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕された中京消防署の消防士(21)を懲戒免職処分とした。 消防士は1月11日、中京区を走行中の市バスの車内で、女子高校生のスカート内をスマートフォンで撮影した疑いで同日に逮捕された後、不起訴(起訴猶予)となった。 消防局によると、消防士は局内の調査に対して同様の盗撮行為を10~20回程度繰り返していたと認めたという。(京都新聞)

2019.2.15 小学校教諭を懲戒免職=女子児童9人にわいせつ行為-長崎県教委

長崎県教育委員会は15日、県内の公立小学校で教え子の女子児童9人に対してわいせつ行為をしたとして、男性教諭(28)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。管理監督責任を問い校長(56)も同日、戒告処分とした。 県教委によると、2016年7月ごろ~19年1月9日、学期末の個別面談の際や、「個人指導」と称して体育館などに呼び出し、女子児童の口に指を入れたり、体を触ったりするわいせつ行為を9人に対して計15回した。(時事通信)

2019.2.18 2等空佐を停職3カ月 公然わいせつ容疑で逮捕

航空自衛隊府中基地(東京都府中市)は18日、電車内で陰部を露出させたとして公然わいせつの疑いで現行犯逮捕され、不起訴処分となった航空開発実験集団司令部所属の50代の男性2等空佐を、停職3カ月の懲戒処分にした。 基地によると、2佐は昨年10月21日午前0時25分ごろ、西武池袋線の練馬高野台-石神井公園間を走行中の電車内で、陰部を露出させた。座っていた女性が目撃。現行犯逮捕された。 2佐は休日で当時、酒を飲んでおり「はっきり覚えていない」と話しているという。12月21日付で不起訴処分となった。(産経新聞)

2019.2.18 合宿先でわいせつの県立高教諭を懲戒免職処分

部活動の合宿中にホテルの自室に女子生徒を呼び出してわいせつな行為をしたとして、静岡県教育委員会は18日、県東部の県立高校に勤める50代の男性教諭を懲戒免職処分にした。 県教委の説明によると元教諭は昨年1月から10月にかけて、部活動顧問として合宿や大会に参加した際、特定の女子生徒1人をホテルの自室に呼び出し、マンツーマンで身体を触っての不適切な指導を行うとともに、指導に乗じてわいせつな行為を行った。女子生徒は嫌悪感を持っていたというが、師弟の関係でもあり、わいせつな行為を拒絶したり保護者や学校などに訴えることができなかったという。この女子生徒に対するマンツーマンの指導が頻繁であることに疑念を抱いた第三者から通報があり、発覚した。 元教諭は「教育の場を汚して信用を失墜させ、生徒や保護者、学校に迷惑を掛けて申し訳ない」と話しているという。(産経新聞)

2019.2.18 男子生徒にキスの女性教諭を停職処分

静岡県教育委員会は18日、教え子だった男子高校生と頻繁に二人きりで外出し、キスするなどした県東部の公立中学校に勤める30代の女性教諭を停職6月の懲戒処分にした。女性教諭は同日付で依願退職した。 元教諭は昨年3月下旬から12月にかけて、教え子だった男子生徒と頻繁に個人的な連絡を取り、保護者の許可なく自家用車で送迎したり県内外に連れ出すなどしていた。その際、複数回にわたって男子生徒にキスをしたという。保護者や学校側が元教諭の不適切な言動に気づいて男子生徒との連絡をやめるよう何度も指導したが、聞き入れなかった。(産経新聞)

2019.2.18 女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕

熊本県警八代署は18日、女子高校生に対する児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、熊本市北区、県職員、松岡貴浩容疑者(52)を逮捕した。署によると「やっていない」と容疑を否認している。 県によると、松岡容疑者は県北広域本部の水産課に所属。平成27年2月にもJR熊本駅で別の女子高校生の体を触ったとして県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕され、罰金20万円の略式命令を受けた。このとき県は停職5カ月の懲戒処分にした。 今回の逮捕容疑は昨年2月中旬ごろ、熊本市北区の店舗の駐車場に止めた乗用車内で、当時16歳の女子高校生を買春した疑い。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみられる。(産経新聞)

2019.2.28 陸自・2等陸曹、女性のスカート内の盗撮行為を繰り返す 罰金刑が確定、朝霞駐屯地が停職5カ月の処分

陸上自衛隊朝霞駐屯地は、女性のスカート内の盗撮行為を繰り返していたとして、同駐屯地東部方面支援隊所属、30代の2等陸曹男性を停職5カ月の懲戒処分にしたと発表した。 同駐屯地によると、2等陸曹は2018年6月15日午後9時半ごろ、東京都豊島区のゲームセンターなどの遊興施設で、女性のスカート内をスマートフォンで盗撮した。目撃者からの通報を受け、警視庁は同日、東京都迷惑防止条例違反容疑で2等陸曹を逮捕。その後の調べで、16年以降、同様の盗撮行為を繰り返していたことが分かり、簡易裁判所に略式起訴され、罰金30万円の刑が確定した。(埼玉新聞)

2019.2.28 「年間50回ほど盗撮繰り返した」 小学校教諭を懲戒免職

横浜市教育委員会は28日、盗撮行為をしたとして県迷惑行為防止条例違反の罪で罰金刑を受けた市立新石川小学校(青葉区)の男性教諭(28)を懲戒免職にした。 市教委によると、男性教諭は昨年10月24日午後8時ごろ、市営地下鉄片倉町駅の上りエスカレーターで女子高校生を背後から盗撮した、とされる。神奈川署が同違反容疑で書類送検し、横浜区検が昨年12月21日に略式起訴。横浜簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。 市教委の調査に対し、男性教諭は「約1年間に50回ほど盗撮を繰り返した」と話したという。(神奈川新聞)

2019.3.6 ディズニーで生徒にキス、既婚女性教諭免職 千葉県教委

男子中学生にわいせつな行為をしたとして、千葉県教委は6日、県北西部の市立中学校の女性教諭(44)を懲戒免職処分にした。教諭は男子生徒の担任だった。県教委は教諭の名前などを明らかにしないことについて、被害者保護のためとしている。本年度の県教委の懲戒処分(監督責任を除く)は16件目で、わいせつ・セクハラ事案は3件目。 教職員課によると、女性教諭は2017年12月15日から18年1月26日までの間、担任として受け持っていた男子中学生(当時)に好意を伝え、抱きしめたり、キスしたりした。校内のコンピューター室や教科準備室のほか、休日に2人で出掛けた東京ディズニーランドや葛西臨海公園などで行為に及んだ。 教諭は県教委の聞き取りに「いけないことだと分かっていたが、気持ちを抑えられなかった」と話しているという。教諭は既婚者。 18年11月に、保護者が生徒から事情を聞き、同校を所管する市教委に相談して発覚したが、市教委は県教委に報告していなかった。市教委は県教委に対し「生徒と保護者の心のケアを第一に考え、慎重に事実確認していた」と説明しているという。県教委は今年1月、保護者から女性教諭の処分を求められ事案を認識した。教諭は18年12月から療養休暇を取っていた。 また、監督責任を問い、当時の同校の男性校長(61)=現在は別の公立中の教諭=を減給1カ月(10分の1)の処分にした。(千葉日報)

2019.3.7 元教え子にわいせつ動画、静岡 県立高の教諭減給

静岡県教育委員会は7日、自分で撮影したわいせつ動画をLINE(ライン)で送り、教え子だった男性3人に見せたとして、県東部の県立高に勤務する男性教諭(52)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。 県教委によると、教諭は1月6日、自宅で下半身を露出して踊ったり、逆立ちしたりする1~3分の動画をスマートフォンで撮影、LINEで送り、以前勤務していた高校の20代の元教え子3人に見せた。経緯は不明だが、動画の一部は現在の勤務先でも拡散していたという。教諭は7日付で依願退職した。

2019.3.11 生徒にわいせつ行為の特支校教諭を処分 県教委が懲戒免職に

県教委は十一日、県内の特別支援学校に通う生徒にわいせつな行為をしたとして、同じ学校に勤める四十代の男性教諭を懲戒免職処分にしたと発表した。生徒側に刑事告訴の考えはないといい、県教委も刑事告発はしない方針。 県教委特別支援教育課によると、男性教諭は昨年七~十一月、校内外で複数回、生徒にわいせつな行為をした。勤務時間中もあった。昨年十一月中旬、生徒から話を聞いた別の教員が校長に相談。校長が生徒や教諭に事実関係を確認した。男性教諭は「生徒に好意を抱いていた。傷つけてしまい申し訳ない」と話したという。 県教委は、被害者の特定につながるなどとして、生徒の性別や十八歳未満か公表せず、監督責任で戒告の懲戒処分を受けた校長の性別も明らかにしなかった。 原山隆一教育長は会見で「生徒を守るため、わいせつ行為に関わる処分では今後も被害者の性別を公表しない。女性校長は一人しかおらず、特定につながる恐れがある」と強調した。

開発局職員、児童ポルノ製造で停職6カ月

2019.3.12 開発局は12日、開発建設部に所属する男性職員(26)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。 開発局などによると、職員は昨年7月、札幌市内のホテルで女性生徒が18歳未満と知りながら現金を渡していかがわしい行為を行い、児童ポルノを製造。9月に児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕され、札幌簡裁から罰金80万円の略式命令を受けた。 (北海道新聞)

2019.3.12 女子生徒と飲酒の教諭減給処分、メールで「飲みたい(笑)」

埼玉県教育委員会は12日、勤務校の女子生徒と飲酒するなどした県東部地区の県立高校の男性教諭(35)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。熊谷市立吉岡小の教諭は同日、辞職した 県教育局県立学校人事課によると、県立高校の男性教諭は、授業を担当していた女子生徒(当時1年)と16年11月中旬ごろ、さいたま市内の飲食店で飲酒し、17年5月ごろにも同市内の飲食店で同生徒が飲酒するのを制止しなかった。男性教諭は個人的な相談に対応していたという。 また、男性教諭は同年8月ごろから18年3月26日までの間、別の女子生徒(当時2年)に対して「まだ(女子生徒と)飲みに行けてないからな。1回は行きたいな(笑)」などと不適切な内容の電子メールを複数回送信していた。

2019.3.13 教諭を懲戒処分 未成年の下着購入

道教委は13日、停職2人を含む教諭8人の懲戒処分を発表した。 停職1カ月となった釧路管内の小学校の男性教諭(47)は昨年1月、ツイッターで知り合った18歳未満の女性と自家用車内で会い、女性の着用済み下着1点を購入。道青少年健全育成条例違反で書類送検され、釧路簡裁から罰金10万円の略式命令を受けた。

2019.3.14 痴漢の小学校教諭を停職6カ月 横浜市教委が懲戒処分

横浜市教育委員会は14日、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕された市立小学校の男性教諭(28)を停職6カ月の懲戒処分にした、と発表した。教諭は同日、依願退職した。 東部学校教育事務所によると、教諭は昨年12月18日、上大岡-横浜駅間を走行中の京急線車内で、女性(25)の下半身を触ったとして逮捕された。横浜地検は1月22日、不起訴処分とした。(神奈川新聞)

2019.3.15 神戸刑務所の主任看守 18歳未満の女子に裸の動画送らせる

18歳未満の女子に裸の動画を送らせたとして、神戸刑務所(兵庫県明石市)は15日、男性主任看守(33)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。 同刑務所によると、裸の動画データ2点を送らせ、携帯電話に保存していた。昨年8月に捜査機関から連絡を受け、内部で聞き取り調査をしたところ「裸を見たかった。動画などが入手できるか興味があった」と話したという。 児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で書類送検され、罰金50万円の略式命令を受けて2月までに納めたという。同刑務所は、被害者保護などを理由に被害者の年齢や捜査機関名などは明らかにしていない。 主任看守は勤続約13年で、受刑者と接する業務を担当。辞職の意向はないという。(神戸新聞)

2019.3.18 女子トイレで盗撮…教え子にわいせつな行為 公立小学校や県立高校の男性教諭3人を懲戒処分

埼玉県教育委員会は18日、勤務先の女子トイレで盗撮したり、教え子にわいせつな行為したとして、公立小学校や県立高校の男性教諭3人を懲戒免職処分とした。 教委によると、県北部の小学校に勤務する男性教諭(26)は昨年12月、学校の女子トイレに侵入し、奥の個室に「故障中 使用禁止」との張り紙を貼った上で、録画状態にしたスマートフォンを設置し、隣の個室を盗撮した。同9月ごろから複数回繰り返していたといい、「盗撮行為に興味があった」と話している。今年1月に建造物侵入などの容疑で県警に逮捕され、処分保留で釈放されていた。 県西部の小学校に勤める男性教諭(42)は、昨年11月に学校内で女子児童にキスをしたほか、服の中に手を入れたり、抱き締めたりする行為を複数回行った。同12月には2日間にわたり、保護者の同意なく県内のショッピングモールや映画などに誘い出し、車内で抱き締めるなどした。「好意を持ってしまった。傷付けてしまった児童に申し訳ない気持ちでいっぱい」と述べている。 県北部の県立高校に勤める男性教諭(37)は2015~16年、担任だったクラスの女子生徒に、車の中でキスをしたほか、県内外のホテルで3回にわたってみだらな行為を行った。「恋愛感情があり、交際していた」と話している。 3人のほかにも、男子生徒の問題行為と処分内容を記載した資料を校長の許可なくコピーし、同校のPTA役員ら11人に送り付けたとして、県南部の県立高校に勤める男性教諭(56)に対して、減給6カ月の懲戒処分を行った。(埼玉新聞)

2019.3.22 巡査部長「月1ぐらいで痴漢」神奈川県警、減給処分に

JR埼京線の電車内で女性の尻を触ったとして、神奈川県警は22日、川崎臨港署の男性巡査部長(40)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。県警によると、巡査部長は「1年半前から月に1回ぐらい痴漢行為をしていた。埼京線は痴漢が多いと聞き、ばれないと思った」と話しているという。 警視庁が同日、東京都迷惑防止条例違反の疑いで書類送検。巡査部長は依願退職した。 書類送検容疑は1月22日午前9時15分ごろ、池袋駅に停車中の普通電車内で、20代女性の尻を触った疑い。 目撃した男性が声を掛け、駅員が110番。警視庁が任意で捜査していた。(共同通信)

2019.3.22 性的画像送信で停職処分

青森県教委は22日、会員制交流サイト(SNS)で18歳未満の女性に性的な画像を送信したとして、むつ市の中学校の男性教諭(39)を停職6月の懲戒処分にしたと発表した。教諭は依願退職した。県教委によると2014~18年、SNSで不特定多数の女性にメッセージを送信し、返信のあった18歳未満の女性2人に性的な画像を送った。匿名の通報で発覚した。(河北新報)

2019.3.22 女子トイレ侵入しカメラを設置 福島県教委、講師を懲戒免職

福島県教委は22日、勤務していた福島市の小学校の女子トイレにカメラを設置したとして建造物侵入罪で福島簡裁から略式命令を受けた土田拓磨講師(25)を懲戒免職にした。他に体罰で生徒にけがを負わせた県北地方の県立高の男性教諭(56)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。 土田講師は昨年11月2日、女子トイレに侵入してカメラを設置した。県教委の聞き取りに「自身の興味を満たすためだった。子どもたちを裏切り申し訳ない」などと話したという。 一方、男性教諭は昨年11月7日、授業中に同級生のテスト結果をからかった1年の男子生徒2人を教科書や素手でたたき、うち1人に一時的な難聴や顔面打撲など全治2~3週間のけがをさせた。(河北新報)

2022.2.5 商業施設でスカート内盗撮50回、小学校教諭を懲戒免職処分

福井県教委は2月4日、福井市内の複数の商業施設で女性のスカート内を約50回盗撮したとして、坂井市内の小学校の男性教諭(32)を懲戒免職処分とした。
県教委などによると男性教諭は昨年12月1日、福井市内の量販店で買い物中の女性の背後からスカート内にスマートフォンを差し入れ、下着などを盗撮したとして県迷惑防止条例違反(ひわいな行為)の疑いで福井署に現行犯逮捕された。福井区検に略式起訴され、今年1月18日に罰金30万円の略式命令を受けた。
県教委などの聞き取りに対し、昨年8月下旬から逮捕されるまでの間に、同様の盗撮を50回程度繰り返したと話した。(福井新聞)

2022.2.5 機動隊員、知人女性に下着姿の写真送信させる 強要などの疑いで書類送検、停職の懲戒処分

千葉県警は4日、無理やり知人女性に下着姿の写真を送信させたとして、強要などの疑いで第三機動隊の男性巡査(24)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。男性巡査は同日付で依願退職した。
書類送検容疑は20年夏から21年1月ごろの間、LINE(ライン)で複数の知人女性に対し、「下着姿の写真を送ってほしい」「送らないと前の写真をインターネットにあげる」と脅し、送信させるなどした疑い。「女性の下着姿に性的な興味があった」と説明しているという。(千葉日報)

2022.2.7 盗撮教諭を懲戒免職、マッチングアプリ勧誘の主事は停職

京都府教育委員会は7日、女子生徒を盗撮したとして府立高の男性教諭(30)を懲戒免職にし、マッチングアプリで違法勧誘したとして府教委ICT教育推進課の男性主事(26)を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。
男性教諭は、昨年6~11月に計4回、勤務する高校の女子更衣室にスマートフォンを隠し、女子生徒の着替え中の動画を盗撮したなどとして今年1月に滋賀県警に京都府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕された。教諭は「ストレスがたまりやった」などと話したという。
男性主事は、マッチングアプリで知り合った女性をネットワークビジネスの会員に違法勧誘したとして、昨年11月に府警に特定商取引法違反(連鎖販売取引の禁止行為)の疑いで逮捕され、京都簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。(京都新聞)

2022.2.9 盗撮の教諭に停職3か月、パワハラ教諭に戒告の懲戒処分

愛知県教委は8日、駅で女性の下着を盗撮した清須市清洲中学校の男性臨時的任用教諭(64)を停職3か月、同僚にパワーハラスメントをした豊田市逢妻中学校の男性教諭(38)を戒告とする懲戒処分を発表した。(中日新聞)

2022.2.9 女性宅侵入容疑で逮捕 前橋家裁職員を懲戒免職

盗撮目的で西毛地域の女性方に侵入したとして、1月に住居侵入容疑で逮捕された群馬県の前橋家庭裁判所調査官の容疑者(51)について、前橋家裁は8日、懲戒免職処分にしたと発表した。
容疑者は、1月23日正午~25日午後6時半ごろ、正当な理由がないのに、西毛地域にある集合住宅の30代女性の自宅に侵入したとして、県警に逮捕された。25日に被害に遭った女性から「自宅が誰かに入られたようだ」と通報があり、高崎署員が確認したところ脱衣所から小型カメラが見つかっていた。
前橋家裁によるその後の調査で、翌26日にも同じ女性方に侵入していたことが判明した。調査に対して、容疑者は「今回の件に関して申し訳ないことをした」などと話しているという。(上毛新聞)

2022.2.10 巡査長が交番で同僚盗撮、停職6か月の懲戒処分

和歌山県警は10日、勤務する交番で女性警察官の身支度の様子を盗撮したなどとして、和歌山市内の警察署地域課の男性巡査長(34)を停職6か月の懲戒処分とした。県警は同日、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検し、巡査長は10日付で依願退職した。
また巡査長が2020年4月に、女児2人が写った過去の児童ポルノ事件の記録を撮影し、画像をクラウド上に保管していたことも発覚。県警は、児童買春・ポルノ禁止法違反(電磁的記録保管)の疑いでも書類送検した。(共同通信)

2022.2.10 町立診療所前事務長を停職4か月の懲戒処分 女子更衣室を盗撮

檜山管内せたな町は10日、町内大成区のせたな町立国保病院大成診療所の女子更衣室内に、盗撮目的で自身のスマートフォンを仕掛け室内を録画したとして、同診療所の前事務長(53)を同日付で停職4カ月の懲戒処分とした。(北海道新聞)

2022.2.11 女性のスカート内をスマホで盗撮、逮捕 消防副士長の主事を停職3か月の懲戒処分

埼玉県の深谷市消防本部は10日、県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕された消防副士長の主事(31)を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。主事は同日に依願退職した。
同本部によると、主事は昨年11月10日に出張先へ移動中、熊谷市の秩父鉄道熊谷駅構内の階段で、当時18歳の女性のスカート内をスマートフォンを使用して盗撮した疑いで逮捕され、今年1月4日に罰金30万円の略式命令を受けた。(埼玉新聞)

2022.2.11 盗撮で書類送検の男性職員を停職6か月の懲戒処分

三重県松阪市は10日、スカートの中を隠し撮りした松阪市民病院事務部診療情報管理士男性(33)を停職6カ月とする懲戒処分を発表した。男性は9日退職した。
男性は令和3年10月29日午前7時40分ごろ、松阪駅JR側の階段で女性のスカートの中をスマートフォンの動画で隠し撮りしたところ、女性からの被害届で張り込みをしていた松阪署員に県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで任意同行を求められた。津地方検察庁松阪支部へ1月下旬に書類送検された。(伊勢新聞)

2022.2.16 児童買春容疑で巡査部長を書類送検 停職6か月の懲戒処分

道警は16日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、札幌市内の警察署の交通課に勤務する30代の男性巡査部長を書類送検し、停職6か月の懲戒処分とした。巡査部長は容疑を認めており、17日付で依願退職する。(北海道新聞)

2022.2.16 海自3曹を懲戒免職処分 わいせつ動画販売

海上自衛隊は16日、インターネットでわいせつ動画を公開し、販売したとして、海上幕僚監部総務部の3等海曹(32)を懲戒免職処分にした。警視庁が昨年11月、わいせつ電磁的記録頒布の疑いで逮捕、その後、同罪で起訴された。海自の調査に対し「安易に副収入を得ようとした。とても後悔している」と話している。
海自によると、3曹は令和2年4月から昨年11月までの間、わいせつ動画の販売で約1100万円の収益があった。(産経新聞)

2022.2.16 盗撮の小学校長、懲戒免職処分に

岡山市教委は15日、コンビニエンスストアで女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された市立開成小学校の校長(60)を懲戒免職処分とした。(毎日新聞)

2022.2.19 子どもの裸をスマホで撮影 県立学校職員を懲戒免職

長崎県教委は18日、18歳未満の子どもの裸をスマートフォンで動画撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪で略式命令を受けた県立学校の会計年度任用の男性職員(30)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
県教委によると、警察官が職務質問でスマホの提出を求め、保存動画を見つけた。職員は1月13日付で県内の裁判所で罰金30万円の略式命令を受け、同24日に納付した。県教委は被害者のプライバシーなどを理由に発生日時や場所などを明らかにしていない。(長崎新聞)

2022.2.19 警官が署内の女性トイレ・更衣室に侵入、職員をスマホ盗撮 停職6か月の懲戒処分

警視庁は18日、高尾署地域課の男性巡査(25)を停職6か月の懲戒処分とした。巡査は同日付で依願退職した。
発表によると、巡査は昨年11~12月、署内の女性トイレや更衣室に複数回侵入し、スマートフォンで女性職員を盗撮した。「仕事にやりがいを感じず、ストレスがたまっていた」と話しているという。
巡査は1月、警視庁に都迷惑防止条例違反(盗撮)容疑などで逮捕され、2月9日付で立川簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。(読売新聞)

2022.2.21 通行人に下半身露出、府職員を停職の懲戒処分 委託費未払い隠し工作の職員も減給の懲戒処分

京都府は21日、公然わいせつの罪などで罰金40万円の略式命令を受けた府乙訓保健所の男性専門幹(57)を停職6か月、業務委託先への未払いが発覚しないよう書類を破棄したなどとして知事直轄組織の男性副主査(33)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたと発表した。
男性専門幹は、長岡京市と城陽市で通行人などに露出した下半身を見せつけたとして、昨年12月に公然わいせつと府迷惑行為防止条例違反の罪で略式起訴された。府によると、「ストレス発散のため」と話しているという。21日付で依願退職した。
男性副主査は、2020年度に実施した事業を巡り、業務委託費15万円の支払い手続きを怠った。事態の発覚を免れようと昨年4月に私費で支払った上、公文書に当たる業者の請求書を破棄したという。府は上司の係長を訓戒、当時の課長を訓告、現在の課長をけん責の処分とした。
府によると、男性副主査は昨年10月に同様の事案で減給10分の1(1か月)の懲戒処分を受けている。(京都新聞)

2022.2.21 小学女児にわいせつの教諭を懲戒免職

都教育委員会は21日、小学生の女子児童にわいせつな行為をしたとして、区立小の男性教諭(30)を懲戒免職処分とした。元教諭は強制わいせつ容疑で警視庁に逮捕、起訴されている。
元教諭は令和2年10月中旬~同12月上旬までの間の午後3時半ごろ、勤務していた小学校の教室で、女子児童が13歳未満と知りながら、胸を触るなどしたとされる。
都教委によると元教諭はこれとは別に、女子児童の下着を盗撮したとして、都迷惑防止条例違反容疑などでも逮捕されているという。(産経新聞)

2022.2.22 横浜市課長、電車内の盗撮で停職の懲戒処分

横浜市は22日、市営地下鉄の電車内で女性を盗撮したとして、都市整備局総務課の担当課長(54)を停職1か月の懲戒処分にした。神奈川県警に県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検され、不起訴になったという。「女性を見て衝動的に撮ってしまった」と事実関係を認めている。
市によると、課長は代休を取っていた昨年11月5日午後、向かいの席に座っていた女性の脚部を複数回スマートフォンで撮影した。女性とは示談が成立しているという。(共同通信)

2022.2.25 巡査長を懲戒免職、勾留女性にわいせつ行為

岐阜県警大垣署の留置場で勾留中の女性に繰り返しわいせつな行為をしたとして、県警は25日、岐阜地検が同日に特別公務員暴行陵虐の罪で起訴した大垣署留置管理課の巡査長の男(31)=各務原市=を懲戒免職にした。被告に居室の鍵を預けた当時の留置管理課長の50代の男性警部も減給10分の1(6か月)の懲戒処分にするなど、計15人の処分を発表した。
起訴状などによると、被告は昨年12月23日~今年1月4日に複数回、署内にある留置場で、勾留されていた30代の女性が1人でいる居室内に鍵を開けて入り、わいせつな行為をしたとしている。
監察課によると、県警は内規で、当直時間帯、居室の鍵は署全体の当直責任者が管理することにしているが、被告は犯行時、責任者でないにもかかわらず鍵を持っていた。留置人が増えると鍵を開けるたびに当直責任者が立ち会わなければならず、負担が増えるとして、男性警部が2020年夏から独断で看守業務に当たる課員に鍵を預けていたという。
2人に加え、被告の監督責任を問い署長ら3人を訓戒としたほか、鍵の不適切な管理を見過ごしていたとして留置管理課の課員10人を所属長注意とした。(岐阜新聞)

2022.2.26 盗んだ鍵を使い、元同僚の女性宅から下着盗む 小学校講師を懲戒免職

奈良県教育委員会は25日、元同僚の女性宅から下着を盗んだとして逮捕、起訴された大淀町立小の講師の被告の男(35)(窃盗罪などで公判中)を懲戒免職処分とした。男は同日付で退職した。
発表では、男は昨年1~3月に計4回、盗んだ鍵を使って女性宅に侵入し、女性用下着5点を盗んだとして、12月15日に窃盗容疑で逮捕されていた。(読売新聞)

2022.3.1 盗撮目的で女子トイレに侵入 海上自衛官を停職の懲戒処分

海上自衛隊岩国基地は28日、下関市内の女子トイレに侵入し、盗撮したとして第31整備補給隊所属の男性海士長(21)を停職6か月の懲戒処分にした。(毎日新聞)

2022.3.4 病院トイレで盗撮容疑、逮捕された男性医師が懲戒解雇に

神戸市民病院機構は4日、勤務する病院の女子トイレで盗撮したとして、兵庫県警神戸水上署に県迷惑防止条例違反と建造物侵入の疑いで逮捕された市立医療センター中央市民病院の男性医師(29)を懲戒解雇処分にしたと発表した。
同機構によると、男性医師は勤務中の2月10日午後2時すぎ、同病院の女子トイレに侵入。女性が入っている個室にスマートフォンを差し入れ、盗撮したとして、翌11日に逮捕された。
2020年10月から同病院に勤務し、同機構の聞き取りに容疑を認めているという。(神戸新聞)

2022.3.4 盗撮容疑で書類送検された消防職員を停職の懲戒処分

女性のスカートの中をスマートフォンで動画撮影するなど盗撮を繰り返したとして、愛知県一宮市消防本部は3日、消防職員の男性(42)を停職4カ月の懲戒処分とし、発表した。
消防本部によると、職員は昨年12月3日、同県岩倉市の名鉄岩倉駅構内の階段で、スマホを使って女性のスカート内を動画撮影。今年1月、江南署に県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕され、書類送検された。
消防本部の聞き取りに対し、「7、8年前からショッピングモールなどで盗撮をしていた」と話しているという。(朝日新聞)

2022.3.5 わいせつなどで4教員懲戒免職 都教委処分

東京都教育委員会は4日、勤務先の学校に通う生徒へのわいせつ行為などで、小中学校の教員4人を懲戒免職処分とした。(毎日新聞)

2022.3.7 女子学生に強制わいせつ 男性助教を懲戒解雇 早大

早稲田大は7日、他の大学の学生にわいせつな行為をしたとして、社会科学総合学術院の40代の男性助教を懲戒解雇したと発表した。処分は5日付。
元助教は、別の大学の女子学生の胸を触ったなどとして、強制わいせつの疑いで昨年7月、警視庁に逮捕された。同大によると元助教は「深く反省している」と話しているという。(産経新聞)

2022.3.8 河川敷で女子高生にわいせつ行為 伊勢原市職員を停職の懲戒処分

伊勢原市は8日、強制わいせつ容疑で逮捕された市農業振興課の男性職員(29)を停職6か月の懲戒処分とした。男性職員は同日付で依願退職した。(神奈川新聞)

2022.3.11 放課後の校内でみだらな行為 川崎市立中の教諭2人を懲戒免職

川崎市教育委員会は11日、校内でみだらな行為をしたとして、中原区内の市立中学校の男性教諭(38)と女性教諭(34)を懲戒免職処分にした。(神奈川新聞)

2022.3.11 痴漢疑いで巡査長書類送検 減給の懲戒処分

出勤中の地下鉄車内で痴漢をしたとして、福岡県警は、県迷惑行為防止条例違反容疑で県警博多署交通課の30代男性巡査長を書類送検、減給10分の1(3か月)の懲戒処分とした。いずれも10日付。巡査長は依願退職した。
書類送検容疑は2月14日朝、福岡市地下鉄の車内で、乗客の女性の体を触ったとしている。県警によると、容疑を認めており「過去にも数回やった」と話している。(産経新聞)

2022.3.12 栃木市が男性係長を停職の懲戒処分 児童ポルノ所持で略式命令

栃木市は11日、児童ポルノの動画データをダウンロードして所持していたとして経営管理部の男性係長(49)を同日付で停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。男性係長は同日付で依願退職した。
市によると、男性係長は自宅のパソコンで児童ポルノの動画データをダウンロードした疑いで昨年9月24日に茨城県警の家宅捜索を受け、書類送検されていた。今年2月21日、児童買春・ポルノ禁止法違反(所持)の罪で略式起訴され、同24日に罰金30万円の略式命令を受けた。(下野新聞)

2022.3.12 女性に抱きつく 男性巡査長を停職の懲戒処分

長崎県警は11日、長崎市の路上で40代女性に抱きつき胸を触るなどしたとして強制わいせつ容疑で逮捕され、その後不起訴となった県南地区の警察署に勤める20代の男性巡査長を停職6か月の懲戒処分とした。巡査長は同日付で依願退職した。(毎日新聞)

2022.3.12 知人女性の体触る 50代の男性巡査長を停職の懲戒処分

長崎県警は11日、女性にわいせつな行為をしたとして、50代の男性巡査長を停職1か月の懲戒処分とした。巡査長は1月22日、長崎市の知人女性の自宅で、女性の服の上から体を触ったという。巡査長は11日付で強制わいせつの容疑で書類送検された。(読売新聞)

2022.3.17 香川の公立小講師を懲戒免職 10代少年にわいせつ

香川県教育委員会は17日、10代の少年に対する強制わいせつ罪などで起訴された公立小講師(27)を懲戒免職処分にした。
県教委によると、講師は令和3年4~8月、香川県内の自宅で少年に性的な行為をして撮影したり、少年に繰り返し電話をかけるなどのストーカー行為に及んだりしたとしている。
高松地検が昨年10月に起訴。その後、県教委の聞き取りで講師は少年への謝罪を口にし、公判で起訴内容を認めた。(産経新聞)

2022.3.17 のぞきで中学教諭を停職の懲戒処分

北海道教育委員会は16日、女性用露天風呂をのぞき見したとして、十勝管内の中学校の男性教諭(35)を停職1か月とする懲戒処分を発表した。
道教委によると教諭は昨年9月、十勝管内の温泉街を散策中、塀の隙間があったため何があるかのぞいたという。露天風呂で入浴中の女性2人が見えたため、すぐにのぞくのをやめたが従業員に取り押さえられた。
教諭は警察で調べを受け、軽犯罪法違反容疑で帯広区検に書類送検されたが、不起訴処分となった。(朝日新聞)

2022.3.18 笛吹市主事を停職6か月の懲戒処分、少女にみだらな行為

山梨県笛吹市は18日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女にみだらな行為をしたとして、市教育委員会の20代主事を停職6か月の懲戒処分とした。主事は同日付で依願退職した。
市によると、昨年10月下旬に県内で、未成年と知りながら少女にみだらな行為をしたという。少女が県警に相談。主事は今月14日、県青少年保護育成条例違反の疑いで書類送検されていた。(産経新聞)

2022.3.18 児童ポルノ所持の教員を停職の懲戒処分

宮城県教育委員会は17日、児童ポルノの所持や生徒への体罰があったとして、教員2人を停職や減給の懲戒処分にした。
発表によると、仙台地域の中学校の男性教員(57)は停職3か月。児童ポルノの画像データ4点をSNSで購入してパソコン内に所持し、昨年12月に仙台簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。辞職の意向を示している。
また、仙南地域の高校の男性教員(59)は減給10分の1(3か月)とした。昨年7月、顧問を務めるバスケットボール部で、ピアスをしていた生徒に「お前と同じコートで空気を吸いたくない」などと不適切な発言をして、耳たぶをつかむ体罰をふるった。2020年8月にも部員に「大会に出なくていい」などと不適切な発言をしていた。(読売新聞)

2022.3.19 職場トイレにカメラ、盗撮疑い職員に12か月停職の懲戒処分

白河地方広域市町村圏整備組合は18日、職場の女子トイレに小型カメラを設置して盗撮したとして県迷惑行為等防止条例違反の疑いで白河署に逮捕された同組合事務局職員の副主査の男(36)を停職12か月の懲戒処分にしたと発表した。処分は17日付。男は同日付で依願退職した。
男は同組合の聞き取りに対し、盗撮したことを認めているという。(福島民友新聞)

2022.3.19 女子生徒にわいせつ行為、県立高校の男性教諭を懲戒免職

女子生徒にわいせつな行為をしたとして、鳥取県教育委員会は19日、県立高校の男性教諭(32)を同日付で懲戒免職処分とした。
県教委によると同教諭は昨年10月28日、車内で女子生徒にキスをしたほか、同30日に鳥取市内のホテルで同じ生徒にわいせつな行為をした。教諭は「大変申し訳ないことをした」と話しているという。
県教委は交流サイト(SNS)を使った生徒との私的連絡を禁止しているが、同教諭はSNSで生徒と私的なやりとりを行っていたという。生徒の様子を不審に思った保護者が学校に連絡し、発覚した。(山陰中央新報)

2022.3.19 巡査、電車で女子高校生に強制わいせつ容疑 停職の懲戒処分

電車内で女子高校生にわいせつな行為をしたとして、県警は18日、川崎署刑事1課の男性巡査(24)を強制わいせつ容疑で書類送検し、同日付で停職3か月の懲戒処分とした。(毎日新聞)

2022.3.19 盗撮の非常勤講師の懲戒免職

奈良県教育委員会は18日、女性のスカート内を盗撮したとして、大阪府迷惑防止条例違反容疑で逮捕された桜井市立小の男性非常勤講師(26)を懲戒免職処分にした。
発表では、講師は、大阪市内の路上で、女性のスカート内をペン型カメラで盗撮したとして、8日、府警に逮捕された。講師は県教委の聞き取りに、今年1月の任用開始後に3回ほど盗撮を繰り返していたと説明。「自分の欲望を満たすためだった。同僚や児童に多大なる迷惑をかけた」と話したという。(読売新聞)

2022.3.19 女性教員の着替えを小型カメラで盗撮 男性教員を懲戒免職

岡山県教育委員会は18日、勤務先の学校で女性教員の着替えを小型カメラで盗撮するなどしたとして、津山市立小学校の男性教諭(50)を、同日付で懲戒免職処分にした。
発表によると、教諭は昨年7~9月、10回程度にわたり職員用女子更衣室のロッカーに小型カメラを設置し、同僚の女性教員の着替えを盗撮するなどした。
昨年9月、女性教員がカメラに気付き、津山署に被害届を提出。同署の捜査の過程で教諭が設置した疑いが強まり、2月、県教委が話を聞いたところ、「女性教員に好意を持っていた」などと認めたという。(読売新聞)

2022.3.19 女子生徒のカバンから着替えの服を取り出し、無断で撮影 中学教諭を懲戒免職

勤務先の中学校で女子生徒のカバンから着替えの服を取り出し、無断で撮影したなどとして、名古屋市教育委員会は18日、市立本城中学校の男性教諭(55)を懲戒免職とした。
発表によると、教諭は昨年11月、通勤途中の電車内で女子高校生に股間を押しつける痴漢行為をしたとして県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検され、不起訴となった。捜査の過程で、教諭のスマートフォンから着替えの服を撮影した動画が見つかり、建造物侵入罪で略式起訴されて罰金10万円の略式命令を受けた。教諭は「痴漢は25回程度行った」と説明したという。
また、市教委は18日、飲酒運転で物損事故を起こし、そのまま車を放置したとして、市立東築地小学校の教諭(45)を懲戒免職とした。教諭はその後、道交法違反の疑いで逮捕され、不起訴となった。(読売新聞)

2022.3.22 教え子の小6女児呼び出し体触る 中学生2人にホテルでわいせつ 教諭2人を懲戒免職

千葉県教委は22日、教え子だった小学6年の女児を呼び出し体を触るなどしたとして、県中央部の公立小学校の男性教諭(59)を懲戒免職処分とした。また、茨城県警に同県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された高校教諭(27)も懲戒免職とした。
県教委によると、小学校の男性教諭は2018年9月~19年3月、少なくとも3回、当時担任だった小6女児を面談目的で特別教室に呼び出してわいせつ行為をした。女児は21年10月、進学先の中学に被害を相談。保護者が被害届を提出し、県警が強制わいせつ容疑で男性教諭を書類送検した。男性教諭は県の調査に「女子児童に好意を抱くようになった」と話したという。
高校教諭は、昨年10月に茨城県内のホテルで中2の女子生徒2人にそれぞれわいせつな行為をしたとして、同県警神栖署に同県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された。土浦簡裁から罰金40万円の略式命令を受け、既に納付した。県の聞き取りに対し「中2の頃の良い思い出と重ねてしまった」と釈明した。(千葉日報)

2022.3.23 うきは市係長を児童買春で懲戒免職

うきは市は22日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で1月に逮捕された同市徴収対策室係長の男性(42)を懲戒免職処分とした。(毎日新聞)

2022.3.24 女子中学生に裸の写真送らせた事務主事を懲戒免職

埼玉県教育委員会は23日、県外の女子中学生に裸の写真を送らせたり、時間外勤務手当を不正受給したとして三郷市立瑞木小の事務主事(29)を免職の懲戒処分とした。ほかに教職員3人を免職、1人を減給、6人を戒告の懲戒処分とした。
県教育局小中学校人事課によると、事務主事は昨年4月にネットで知り合った当時14歳の神戸市の女子中学生に会員制交流サイト(SNS)で裸の写真を2回送らせた。同年11月に兵庫県警に逮捕され、罰金30万円の略式命令を受けた。また、2017年から、実体のない時間外勤務手当など計213万8058円を不正受給し、児童の就学援助費計4万8300円を横領した。
東部地区公立小の男性助教諭(23)は昨年7~8月に18歳未満の少女とみだらな行為に及び、小川町立東中の教諭(29)は同校の握力計など3点を窃取してネットで売ったとして、共に免職となった。
同じく免職となった県立狭山清陵高校の主任(40)は昨年8月に公示された県立校舎の清掃など環境整備の委託業者を決める一般競争入札で、契約している業者の変更を避けるため最低制限価格を漏らした。昨年9月に情報が寄せられ、同局が調査を通知したところ発覚。入札は同業者が落札していたが取り消しとし、今月22日に狭山署に刑事告発した。
県立越谷総合技術高校の男性主任(58)は減給1月となり、同日付で退職。男性主任は手続きの不備などの発覚を恐れ、エアコン修繕費34万2573円、就学支援金96万300円を私費で補填(ほてん)したほか、入学料減免に関する書類を保存期間満了前に破棄した。(埼玉新聞)

2022.3.24 15歳少女にみだらな行為疑い、逮捕・起訴の宇治市職員を懲戒免職処分

京都府宇治市は24日、15歳の少女にみだらな行為をしたとして静岡県青少年環境整備条例違反の疑いで逮捕、起訴された上下水道部水管理センターの30代男性主任を懲戒免職処分にしたと発表した。
男性主任は2021年9月中旬、静岡県内のホテルで少女が18歳未満と知りながら淫行したとして県警に3日に逮捕された。市によると浜松区検が11日に起訴し、浜松簡裁で罰金30万円の略式命令を受けた。(京都新聞)

2022.3.24 わいせつ行為などで3人を懲戒処分 栃木県教委

栃木県教委は24日、男子生徒に成人向け動画を見せたり、体を触ったりするなどのわいせつ行為をしたとして、県南の中学校の男性教諭(30)を懲戒免職処分にしたと発表した。また、女子生徒を抱きしめるなどのセクハラ行為をした県北の県立高の男性教諭(28)を停職6か月、勤務時間中に同僚女性と性的行為をした特別支援学校の男性教諭(36)を減給6か月の懲戒処分とした。両教諭は同日付で依願退職した。
県教委によると、中学校の男性教諭は2020年10月から22年1月、放課後の校内などで男子生徒計5人に、スマートフォンで成人向け動画を見せたほか、体を触るなどした。「勉強会」と称して自宅に呼び出し、わいせつ行為に及ぶこともあった。
2月に男子生徒の友人が別の教員に相談して発覚した。県教委の調査に対し、男性教諭は「生徒が楽しんでいると勘違いした」と説明した。現在、県警が被害状況を調べているという。
県立高の男性教諭は21年12月、部活動の合宿中に女子生徒を抱きしめるなどした。1月に教諭自ら申し出た。被害を受けた生徒への配慮として県教委は教諭の氏名を公表していない。
特別支援学校の男性教諭は21年1月と7月、勤務時間中に校内で同僚女性と複数回、性的行為を行った。同年8月に女性が校長に相談して判明。県教委は「男性の方から誘っていた」として女性は口頭訓告とした。(下野新聞)

2022.3.24 わいせつの20代教諭を懲戒免職

静岡県教育委員会は24日、ホテルで18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、県立高に勤務する20代の男性教諭を懲戒免職処分とした。少女が特定される恐れがあるとして、教諭の氏名を公表していない。
県教委によると、昨年12月と今年1月、県内のホテルでわいせつな行為をした。教諭は聞き取りに「好意が大きくなり正しい判断ができなかった。おわびしたい」と話しているという。同2月、少女から県側に相談があり、発覚した。(産経新聞)

2022.3.24 盗撮と飲酒運転 2教諭を懲戒処分 福岡県教委

福岡県教育委員会は23日、生徒や同僚女性を繰り返し盗撮したとして県立嘉穂東高の男性教諭(27)を懲戒免職とした。また、飲酒運転で検挙された京築教育事務所管内の市町村立中学校の50代男性教諭を停職1年の懲戒処分とし、教諭は依願退職した。(毎日新聞)

2022.3.25 少女にみだらな行為で停職の懲戒処分

陸上自衛隊第3師団(兵庫県伊丹市)は25日、18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、伊丹駐屯地の第36普通科連隊の男性陸士長(28)を停職8日の懲戒処分にした。
駐屯地によると、陸士長は平成29年8月ごろ、大阪市内のホテルで少女にみだらな行為をした。また同年9月、少女のわいせつな画像を撮影したという。(産経新聞)

2022.3.25 勤務校女子生徒にわいせつ 北九州市立中教諭を懲戒免職

北九州市教育委員会は25日、勤務校の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、市立飛幡中の男性教諭(61)を懲戒免職処分にした。市教委によると、行為を認め「異性として好意を抱いていた」と話した。
教諭は2月中旬の放課後、自家用車で女子生徒を学校から連れ出し、助手席に座らせて髪をなでたり、手を握って抱き寄せたりした。生徒がほかの教諭に相談して発覚した。市教委は、SNS(会員制交流サイト)による児童生徒への直接連絡を原則禁止しているが、この生徒にLINE(ライン)を通じて課題の添削指導もしていたという。
市教委は25日、門司区のスーパーで発泡酒などを万引したとして、市立霧丘中の男性教諭(62)も懲戒免職とした。

2022.3.25 女子高生に裸の写真送らせた小学教諭を懲戒免職

熊本市教育委委員会は25日、高校の女子生徒に裸の写真を送らせたとして児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された同市立小学校の男性教諭(51)を懲戒免職処分にした。熊本簡裁は同日までに、教諭に罰金の略式命令を出した。
市教委によると、男性教諭は昨年5月30日、通信アプリで知り合った大分県の女子生徒に裸の画像を送信させ、自身の携帯電話に保存したという。(産経新聞)

2022.3.25 わいせつ容疑の教諭を懲戒免職

山梨県教育委員会は24日、勤務先の学校で子供にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ容疑で逮捕された甲府市立学校の50代男性教諭を懲戒免職処分とした。
県警や県教委などによると、教諭は2月14日、甲府市立の学校で子供の体を触るなどした、としている。(毎日新聞)

2022.3.25 勾留わいせつ、奥州署員を懲戒免職

岩手県警監察課は24日、奥州署の留置場で勾留中の女性にわいせつな行為をしたとして、特別公務員暴行陵辱罪で起訴された同署警務課の巡査部長(35)を懲戒免職処分とした。(毎日新聞)

2022.3.25 女性盗撮の小学教諭を懲戒免職

佐賀県教委は24日、女性を繰り返し盗撮したとして、白石町立北明小の男性教諭(45)を懲戒免職処分にした。(毎日新聞)

2022.3.26 わいせつ行為で3教員を懲戒免職

女性にわいせつな行為をしたとして、三重県教委は25日、県立白子高(鈴鹿市白子四丁目)の男性教諭(40)、県立特別支援学校西日野にじ学園(四日市市西日野町)の男性講師(43)、四日市市立中学の男性教諭(38)を、いずれも懲戒免職処分とした。
県教委によると、白子高の教諭は1月8日の午後2時半ごろと同3時ごろの2回、東員町内のショッピングセンターで、試着室の下からスマートフォンを向けて着替中の女性を盗撮。被害者が気付いて発覚した。
この2件以外でも平成30年3月ごろから10回程度にわたり、県内のショッピングセンターで女性のスカート内を盗撮した。県教委の聞き取りに「自らの欲求を抑えられなかった」と話しているという。
西日野にじ学園の講師は2月26日午後8時半ごろ、大阪市内のコンビニで女性のスカート内にスマートフォンを向けて動画を撮影し、大阪府警に迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。
このほかにも県内外のコンビニとスーパーで、同様の方法で50回程度の盗撮をしていたことが府警の捜査で発覚。講師は「ストレスを発散するために盗撮した。スリルや達成感があった」と話したという。
中学教諭は勤務していた学校の元生徒に平成29年度から30年度まで、わいせつな行為をした。元生徒が今年1月、市教委に訴えて発覚。県教委は「被害者の保護」を理由に学校名を公表していない。(伊勢新聞)

2022.3.26 18歳未満女性にわいせつ 中学教諭を懲戒免職

秋田県教委は25日、18歳未満の女性にわいせつな行為をしたとして、県央部の中学校に勤める50代男性教諭を25日付で懲戒免職処分にしたと発表した。また管理監督責任を怠ったとして校長を同日付で戒告の懲戒処分にした。
県教委によると、男性教諭は昨年12月中旬から下旬にかけ、18歳未満の女性の体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。(毎日新聞)

2022.3.26 公然わいせつ罪の県職員を懲戒免職

熊本県は25日、路上で女性に下半身を露出したとして公然わいせつ罪で罰金刑を受けた県天草広域本部土木部用地課の男性主事(25)を懲戒免職にした。
県などによると、主事は1月18日の勤務後、天草市で10代女子学生に下半身を露出した疑いで逮捕され、天草簡裁から罰金10万円の略式命令を受けた。(毎日新聞)

2022.3.28 部活指導の女子生徒にキス 神奈川県立高の実習助手を懲戒免職

神奈川県教育委員会は28日、ホテルや車内で勤務校の女子生徒に繰り返しキスをするなどしたとして、県西地区の県立高校の男性臨時実習助手(28)を懲戒免職処分とした。(神奈川新聞)

2022.3.29 トイレ盗撮の陸士長を停職の懲戒処分

陸上自衛隊大宮駐屯地(埼玉県さいたま市)は28日、女性用トイレで盗撮したとして第32普通科連隊所属の男性陸士長(27)を同日付で停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。
同駐屯地によると、陸士長は2019年11月21日、さいたま市の同駐屯地内の女性用トイレに侵入し、女性を盗撮した。女性から警務隊に相談があり発覚し、陸士長に事情を聴いたところ認めた。陸士長は「深く反省している」と話しているという。(埼玉新聞)

2022.3.29 女子トイレで盗撮、隊員を停職の懲戒処分

陸上自衛隊朝霞駐屯地は28日、同駐屯地内の女子トイレで盗撮したとして、同駐屯地東部方面システム通信群所属、男性隊員(23)を停職4か月の懲戒処分にしたと発表した。
同駐屯地によると、男性隊員は2021年8月23~30日、駐屯地内の女子トイレに侵入し、盗撮行為を行った。事件を確認した警務隊が同年8月30日、同部隊に報告した。男性隊員は「性的欲求を満たすためにやった」と話しているという。(埼玉新聞)

2022.3.29 部活指導で女子生徒の胸触る、小学校で積立金盗む 教員2人を懲戒免職

兵庫県教育委員会は29日、女子生徒にわいせつな行為をしたり、小学校での窃盗容疑で逮捕されたりしたとして、教員2人の懲戒免職処分を発表した。
県教委によると、播磨西地区にある県立高校の40代男性教諭は1月中旬ごろの2日間、顧問を務める運動部で個別指導する際に「動きが硬いのでリンパのマッサージをした方がいい」と言い、女子生徒の胸などを触った。生徒への聞き取りで昨年、別の女子生徒に対しても胸などを複数回触っていたことが判明。男性教諭は「体をほぐすためで、性的な意図はなかった」と話しているという。
また、姫路署に20日逮捕された姫路市立的形小学校臨時講師の男(29)は、かつて勤務していた別の小学校に侵入し、金庫から修学旅行の積立金(約2万8千円)の入った封筒を盗んだ疑いが持たれている。県教委によると、男は「生活に困っていた」と話しているという。(神戸新聞)

2022.3.29 15歳少女に現金渡してみだらな行為 岐阜県が23歳男性主事を懲戒免職

岐阜県は29日、15歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで摘発された東濃県税事務所の男性主事(23)を懲戒免職処分とした。
県によると、男性主事は昨年10月16日、名古屋市内のホテルで18歳未満と知りながら、当時15歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、2月22日に愛知県警に逮捕された。3月15日に一宮区検に略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けて納付した。
男性主事は本年度採用された。「被害者や県民に対し、大変申し訳ないことをした」と話しているという。(岐阜新聞)

2022.3.30 女性のスカート内を盗撮か 海自、30代海士長を停職の懲戒処分

京都府の海上自衛隊舞鶴地方総監部は29日、女性のスカート内を隠し撮りしようとしたなどとして、第23航空隊の30代男性海士長を停職3カかの懲戒処分にした、と発表した。
総監部によると、海士長は2021年5月2日、大阪市内で下着を撮影しようと女性の背後に近づき、携帯電話をスカートの下に差し向けた。本人が大阪府警南署に出頭したが、逮捕されていないという。同年6月15日には兵庫県丹波篠山市付近の舞鶴若狭自動車道で法定速度(80キロ)を上回る107キロで走行。スピード違反で兵庫県警の取り締まりを受け、本人が上司に報告したという。(京都新聞)

2022.3.30 児童にわいせつ行為 実刑の教諭を懲戒免職

茨城県教委は29日、2020年9月に鹿行地域にある勤務先の公立小学校で児童にわいせつ行為をしたとして、強制わいせつの罪に問われ懲役1年の実刑判決を受けた男性教諭(60)を懲戒免職処分にしたと発表した。31日に定年退職を迎えると処分できなくなるため、判決の確定を待たず処分した。
男性教諭は同年11月、勤務中に教室で、高学年の女子児童に対して体を触るなどわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で神栖署に逮捕された。当時の同署の調べでは、教室にいたのは男性教諭と女児の2人のみだった。
同年12月、同罪で水戸地検が起訴。今年3月22日、水戸地裁土浦支部は懲役1年の実刑判決を言い渡した。
県教委義務教育課によると、男性教諭は公判でわいせつ行為を否認。判決後の聞き取りに対し、控訴の意向を示し「やっていない」と主張しているという。(茨城新聞)

2022.3.30 女性を押し倒し無理やりキス わいせつ行為の中学校教諭を懲戒免職

鹿児島県教育委員会は29日、女性を押し倒して無理やりキスをするなどのわいせつ行為をしたとして、熊毛地区の男性中学校教諭(54)を懲戒免職処分にしたと発表した。
男性教諭は県内で女性に対して、両腕をつかんで引き寄せたり、抱きついたりしながら、女性の意に反して計10回程度キスした。男性教諭は行為を認めて「被害者に対して申し訳ない」と話しているという。(南日本新聞)

2022.3.30 女児20人の体触り担任を懲戒免職

愛知県教育委員会は30日、担任するクラスの女児約20人の体を服の上から触るわいせつな行為をしたとして、公立小学校の男性教諭(46)を懲戒免職とした。県教委の聞き取りに「何も言われなければ触っていいと思った」と話したという。
教諭は2020年4月~21年12月、校内で女児を自分の膝に乗せて両手で脇腹をくすぐるふりをして胸や尻を触るなどした。21年12月に保護者から相談を受けた学校が、児童にアンケートをして発覚。宿題を忘れた児童計6人の頭を素手でたたく体罰もしていた。(共同通信)

2022.3.31 女児の裸撮影した教諭を懲戒免職 大阪市教委

大阪市教育委員会は31日、上半身裸の女児を撮影したとして、市立小の男性教諭(31)を懲戒免職にした。
また勤務していた中学校で令和元年秋から2年秋にかけ、複数の生徒に暴言を吐いたなどとして主務教諭の男性(38)を停職3か月の懲戒処分とした。

2022.4.1 女性警官宅に盗撮カメラ 埼玉県警、同僚巡査を懲戒免職

同僚の女性警察官方に無断で侵入し、盗撮用カメラを設置したとして、埼玉県警は31日、浦和東署交通課の男性巡査(23)を懲戒免職処分とし、住居侵入と県迷惑防止条例違反の容疑でさいたま地検に書類送検したと発表した。書類送検は同23日付。
県警監察官室によると、男性巡査は昨年10月ごろから今年1月5日にかけて、さいたま市内の集合住宅に住む同僚の20代の女性警察官2人の居室内に、合鍵を使って無断で複数回侵入。1月5日、うち1人の女性警察官方内に盗撮用カメラを設置した。カメラは6畳間と脱衣所を仕切るふすまに設置され、レンズは脱衣所の方を向いていたという。翌6日に女性警察官がカメラを発見し、上司に報告した。カメラに映像は残っていなかったという。
被害場所近くの集合住宅に居住している職員に聴き取りをしたところ、男性巡査が犯行を認めた。インターネットで注文して作った合鍵で計7回ほど忍び込み、たんすの中や干してある下着を見たり、触ったりしていた。男性巡査は「女性の下着に興味があった。下着を見ているうちに下着姿や裸姿が見たくなった」と供述しているという。(埼玉新聞)

2022.4.1 合宿の女児部屋に教諭侵入して就寝 減給の懲戒処分

青森県内の小学校に勤める20代男性教諭が昨夏、コーチを務めるスポーツ少年団の合宿中、小学生女児が寝ている部屋に忍び込んで就寝したとして、県教育委員会が教諭を減給1カ月の懲戒処分にしたことが31日、県教育委員会への情報公開請求で分かった。処分は2月21日付。県警は住居侵入の疑いで書類送検したが昨年12月、不起訴になった。(東奥日報)

2022.4.1 巡査、わいせつ疑いで書類送検 減給の懲戒処分

18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、静岡県警が県青少年環境整備条例違反の疑いで男性巡査を書類送検していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。巡査は減給10分の1(6か月)の懲戒処分を受け、依願退職した。
捜査関係者によると、書類送検容疑は1月19~20日、県内で18歳未満の少女にわいせつな行為をした疑い。書類送検は3月11日付。(産経新聞)

2022.4.1 痴漢容疑で逮捕 消防職員を停職の懲戒処分

佐野市は3月31日、昨年12月に東京都内で埼玉県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で逮捕された市消防本部の男性係長(48)を停職6か月の懲戒処分にした。係長は同日付で依願退職した。(毎日新聞)

2022.4.1 女性にわいせつで有罪 主事を懲戒免職

大分市は31日、市内の路上で女性にわいせつな行為をして有罪判決を受けた市国保年金課の主事(27)を懲戒免職処分にしたと発表した。(毎日新聞)

2022.4.2 消防士の少年、40代女性に抱きつく 停職の懲戒処分

昨年10月、40代女性に抱きつくなどのわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で逮捕された岩手県陸前高田市消防署の消防士の少年(10代)について、同市は1日、停職6か月の懲戒処分にしたと発表した。処分は3月31日付。
市によると、少年は2月21日付で盛岡家裁から保護観察処分を受けた。(読売新聞)

2022.4.5 盗撮目的で女性隊舎侵入 館山航空基地海自海士長を停職の懲戒処分

海上自衛隊第21航空群(館山市)は4日、当直勤務中に盗撮目的で女性隊舎に侵入したとして、館山航空基地隊に所属する20代の男性海士長を停職4か月の懲戒処分にした。
同航空群によると、男性海士長は昨年6月16日午前3時半ごろ、同基地で当直勤務中、盗撮しようと倉庫の窓から女性隊舎に侵入。隊員の部屋に入ったものの、気付かれて逃走した。
部屋に侵入された女性隊員が上司らに相談し発覚。男性海士長への聞き取りで、同月中に複数回、同様の盗撮行為を行っていたことも判明した。「相手に知られることなく無防備な女性の姿を見たい衝動があった。多大な迷惑を掛けたことを大変申し訳なく、後悔している」と反省しているという。(千葉日報)

2022.4.6 少女にわいせつ 県立高教諭を懲戒免職処分

静岡県教育委員会は5日までに、ホテルで18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、県立高に勤務する20代の男性教諭を懲戒免職処分とした。(毎日新聞)

2022.4.13 男子生徒にわいせつ行為 中学教諭を懲戒免職

東京都教育委員会は13日、勤務校で男子生徒にわいせつな行為をしたとして、多摩地域の中学校の男性教諭(31)を懲戒免職処分とした。
都教委によると、教諭は令和2年7月、男子生徒のズボンの上から股間を2回触ったほか、昨年7月には服を脱ぐように指示し、肌着姿にさせた。いずれも夏休み期間中で、英語の補習として1対1で指導していた。
都教委の調査に「どうしてそういうことをしたのか自分でも分からない」と話しているという。(産経新聞)

2022.4.19 女子生徒と不適切な行為 教諭と実習助手を懲戒免職

群馬県教委は19日、自らが勤務する学校の女子生徒に不適切な行為をしたとして、公立中学の30代男性教諭と、県立高校の30代男性実習助手を同日付でいずれも懲戒免職処分にしたと発表した。県教委は「いずれもSNSをきっかけに個人的なやり取りから始まっている」とし、教職員と生徒間の会員制交流サイト(SNS)での私的なやり取りの禁止をあらためて徹底していく考えを示した。
県教委によると、公立中学の男性教諭は昨年11月から3月にかけて、生徒の相談に乗っている間、二人きりになった時に校内で体に触れたり、SNSで好意を持っているという趣旨のメッセージを複数回送信するなどの行為をした。「感情をコントロールできずに被害生徒や保護者、学校の同僚に迷惑をかけることになり、深く反省している」と話しているという。
県立高校の男性実習助手は昨年12月中旬から2月中旬にかけて、校外で生徒の相談に乗っている際、生徒に触れたり、校外で不適切な行為を行ったりした。SNSでの私的なやり取りも行っていた。(上毛新聞)

2022.4.19 教え子の女子高生と性行為 京都の教諭を懲戒免職

京都府教育委員会は19日、高校3年の女子生徒と性行為をしたとして府北部の府立高の男性教諭(34)を懲戒免職にしたと発表した。今年に入って府教委が生徒へのわいせつ事案で懲戒処分にするのは3件目。
府教委によると男性教諭は2020年9月以降、勤務先と異なる府立高の3年女子生徒と性行為を複数回した。教諭は既婚者で、前任校で女子生徒が所属する部活の顧問を務め、異動後も女子生徒と連絡を取り合っていた。「不適切だとは認識していたが、正しい判断ができなかった」などと話したという。
府教委は1月、女子生徒に下着姿の画像を送信させたとして府立高の男性教諭を停職3カ月、2月には女子生徒を盗撮したとして府立高の別の男性教諭を懲戒免職にした。(京都新聞)

2022.4.21 八街高教諭を懲戒免職 女子高生にわいせつ行為

女子高生にわいせつな行為をしたとして、千葉県教委は20日、県立八街高校の教諭(29)を懲戒免職にしたと発表した。
県教委によると、教諭は3月に計3回、車内や駐車場で県内の女子高生の体を触るなどのわいせつな行為をした。同月10日、女子高生の友人が相談して発覚した。
県教委の聞き取りに対し、教諭は「大変なことをしてしまった。学校を良くしようと頑張っている先生方や生徒に申し訳ない」と反省しているという。(千葉日報)

2022.4.26 わいせつ容疑、巡査書類送検 県警が停職の懲戒処分

茨城県内の警察署に勤務する男性巡査が女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で水戸地検に書類送検されていたことが、県警への取材で判明した。巡査は停職3か月の懲戒処分を受け、依願退職した。(毎日新聞)

2022.4.27 教え子にキス、担任教諭を懲戒免職

浜松市教育委員会は27日、担任をしていた女子生徒にキスをするなどの不適切な行為をしたとして、同市立学校の20代男性教諭を懲戒免職にしたと発表した。26日付。市教委の聞き取りに「軽率だったと反省している」と話しているという。
市教委によると、昨年4月ごろ、生徒に交流サイト(SNS)の連絡先を教え、複数回にわたり乗用車内で抱きしめたりキスをしたりした。今年3月下旬に外部から学校に通報があった。(産経新聞)

2022.4.28 横浜市立学校内トイレで生徒盗撮 男性教諭を懲戒免職

横浜市教育委員会は28日、校内の多目的トイレで盗撮を繰り返したとして、市立学校の30代の男性教諭を懲戒免職にした、と発表した。
市教委によると、男性教諭は2月、3回にわたって校内の多目的トイレの扉の隙間からスマートフォンを差し込み、動画を撮影。その後、県迷惑行為防止条例違反の疑いで県警に逮捕された。トイレの前の廊下で、しゃがんでいる教諭の姿を目撃した別の生徒が学校側に相談し、発覚した。被害生徒は2人で、特定の生徒を対象にしていたわけではないという。男性教諭は市教委の聞き取りに対し「自分の欲望に負けてしまった」と話している。(神奈川新聞)

2022.4.28 電車で女子高生に痴漢の寒川町立小教諭を懲戒免職

電車内で痴漢行為をしたとして、神奈川県教育委員会は28日、寒川町立小の男性教諭(28)を懲戒免職処分とした。
県教委によると、教諭は3月23日夜、小田急線下北沢-登戸駅間を走行中の電車内で高校1年の女子生徒(16)の尻を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反容疑などで現行犯逮捕された。勤務後に都内に向かい、自宅に帰る途中だったという。横浜地検川崎支部は4月に不起訴処分とした。
県教委の聴取に対し、教諭は今回の件以外に2018年以降、5~10回程度、電車内で痴漢行為をしたことを認めたという。教諭は「業務が一段落するなど緊張が緩んだときに、自制心が利かなくなって痴漢行為に及んでしまった」と説明。被害者に対し「心に傷を負わせ、大変申し訳ない」と話しているという。(神奈川新聞)

2022.4.28 電車内で盗撮 元捜査4課長を停職の懲戒処分

電車内で女子高校生を盗撮したとして逮捕され、その後釈放された元愛知県警捜査4課長の男性警視(59)について、県警は28日、停職3か月の懲戒処分にした。警視は「ストレスがあり、脚のきれいな女性を撮影して欲求を満たしたかった。取り返しの付かないことをした」と供述。同日付で辞職した。
県警によると、警視のスマートフォンや自宅のパソコンから、女性の画像が多数見つかった。約2年前から動画を撮影し、静止画として保存していたという。(時事通信)

2022.4.29 福祉関連施設で10代男児にわいせつ行為、女性職員を懲戒免職

勤務先の福祉関連施設で男子児童にわいせつ行為をしたとして、静岡県は28日、この施設の主任級の女性職員(36)を懲戒免職にした。
発表によると、女性職員は昨年10月中旬~11月上旬、施設内で、10代の男児に繰り返し抱擁やキスをした。「恋愛感情を抱いていた」と話しているという。
同僚が行為を目撃して発覚。児童相談所が性的虐待と認定した。
施設では、男性職員が女児と接する時は2人だけにならないように注意していた。女性職員に制限はなかったという。(読売新聞)

2022.4.30 勤務校の女子更衣室に小型カメラを設置 教諭を懲戒免職

東京都教育委員会は29日、女子生徒の着替えを盗撮して懲戒免職にしたと27日に発表した男性主任教諭(34)について、実際にはカメラを設置しただけで撮影はしていなかったと訂正した。
教諭は昨年8月29日、勤務校の女子更衣室に小型カメラを設置した。しかし、カメラに記録媒体は入っておらず、撮影していなかったという。都教委は「記者からの質問を誤認し間違った説明をしてしまった」としている。(読売新聞)

2022.5.10 公共交通車内で女性の体触る 痴漢した鹿児島大学教員を停職の懲戒処分

鹿児島大学は9日、公共交通機関内で痴漢行為をしたとして、学術研究院理工学域の30代男性教員を停職2か月の懲戒処分とした。
鹿大によると、男性教員は昨年7月、複数日にわたり、県内公共交通機関の車内で不特定の女性の体に触れた。鹿児島県警から、県不安防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで9月に書類送検され、12月に不起訴処分となった。大学側には教員から報告があり、教員は痴漢行為をしたことを認めているという。(南日本新聞)

2022.5.11 盗撮した2等陸曹、停職の懲戒処分

陸上自衛隊朝霞駐屯地は10日、駅構内で盗撮したとして、同駐屯地東部方面後方支援隊所属、40代の男性2等陸曹を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。
同駐屯地によると、2等陸曹は2020年5月20日、埼玉県さいたま市の駅構内で盗撮。翌21年4月、県迷惑防止条例違反の疑いで摘発され、その後不起訴処分になった。「ストレス解消と性的欲求を満たすためにやった」などと話しているという。(埼玉新聞)

2022.5.12 マンション通路で女性に下半身露出 陸上自衛官の男逮捕 停職処分中「ストレス発散だった」

マンションの通路で面識のない女性に向けて下半身を露出したとして、船橋署は11日、公然わいせつの疑いで陸上自衛隊習志野駐屯地(船橋市)の2等陸曹(33)を逮捕した。
逮捕容疑は4月21日午前10時25分ごろ、同市内のマンションの共用部分通路で、県内居住の女性(38)に声をかけて、ズボンから下半身を露出した疑い。
同署によると、女性からの110番通報で捜査。露出した人物は立ち去っていたが、防犯カメラの映像などから浮上した。容疑者は「ストレス発散だった」と容疑を認めているという。
同駐屯地によると、容疑者は、習志野市内で下半身を露出したなどとして、昨年12月に停職5か月の懲戒処分を受けており、停職期間中だった。(千葉日報)

2022.5.12 段ボールにスマホ隠し着替え盗撮 中学教諭を懲戒免職

東京都教育委員会は12日、勤務校で女子生徒の着替えを盗撮したとして、区立中学校の男性教諭(38)を懲戒免職処分とした。
都教委によると、教諭は2019年5月、教室の棚に動画撮影状態のスマートフォンを隠し入れて穴を開けた段ボールを置き、女子生徒を20分ほど盗撮した。「性的欲求を満たすためだった」と認めているという。
教諭は21年9月、都内の駅構内で女性のスカート内をスマホで盗撮したとして警察に通報され、スマホの捜査から勤務校での盗撮も発覚。都迷惑防止条例違反で起訴され、5月に東京地裁で懲役6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。(毎日新聞)

2022.5.16 50代教諭が児童にわいせつ疑いで逮捕、3月に懲戒免職

沖縄県警は16日、小学校内で児童に無理やりわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、沖縄本島に住む元教諭の50代男を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。県教育委員会は、3月に懲戒免職処分にしたと明らかにした。
逮捕容疑は1月、教諭だった立場を利用して児童を呼び出し、体を触った疑い。児童が別の教諭に相談して発覚した。県警は「被害者の特定につながる」として、元教諭の氏名などの詳細を非公表にしたとしている。(共同通信)

2022.5.21 少女にわいせつ、中学教諭を懲戒免職

18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、佐賀県教育委員会は20日、公立中学の20代男性教諭を懲戒免職処分にした。また生徒の頭を椅子で殴打した県立高の男性教諭(48)を戒告の懲戒処分にした。
県教委によると、20代教諭は4月、県内の公園に止めた車内で少女の体を触るなどした。(毎日新聞)

2022.5.24 防衛技官、スカート内盗撮で停職の懲戒処分 陸自那覇

陸上自衛隊那覇駐屯地は23日、沖縄県那覇市内のコンビニエンスストアで女性のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、那覇駐屯地業務隊所属で防衛技官の30代男性自衛官を停職7か月の懲戒処分としたと発表した。同駐屯地によると、男性は依願退職の意向を示している。
同駐屯地や沖縄県警豊見城署によると今年3月、男性は市内のコンビニで女性客3人のスカート内にスマートフォンを差し向け撮影した。被害女性は男性と面識はなかったという。署は5月10日、県迷惑防止条例違反容疑で男性を那覇区検に書類送検した。(毎日新聞)

2022.5.25 車内で18歳未満の少女にキス、25歳教諭を懲戒免職

札幌市教育委員会は24日、18歳未満の少女にわいせつ行為をしたとして、市立学校の男性教諭(25)を同日付で懲戒免職とした。
発表によると、教諭は今年4月6日、自家用車内で少女の左鎖骨付近に、同19日には唇にキスをした。少女の家族から勤務先の校長に連絡があり、発覚した。教諭は少女の家族に謝罪しているという。(読売新聞)

2022.5.26 児童買春の小学校教諭を懲戒免職

仙台市教育委員会は26日、交流サイト(SNS)で知り合った18歳未満の少女とみだらな行為をしたなどとして、市立小の男性教諭(40)を懲戒免職処分にした。
市教委によると、今年2月、SNSで知り合った仙台市内の女子高校生とみだらな行為をし、別の日にも同じ少女に現金を渡す約束をしてみだらな行為をした。
3月に宮城県警に県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕され、仙台区検が略式起訴。仙台簡裁が罰金80万円の略式命令を出し、納付したという。(産経新聞)

2022.5.26 風俗女性とわいせつ中、ベッド脇の携帯で録画 1等空曹を停職の懲戒処分

航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)は25日、女性とのわいせつな行為を盗撮したとして、同基地第3補給処の40代の1等空曹男性を同日付で停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。
同基地によると、男性1曹は昨年8月11日正午ごろ、東京都豊島区の宿泊施設で、自分の携帯電話のカメラをベッドの棚付近に置き、風俗店員女性とのわいせつな行為を盗撮したという。
同日、警視庁池袋署から男性1曹の上司に身元確認の連絡があり、同基地で調査したところ、盗撮を認めたという。男性1曹は「自分で観賞する目的だった」と話しているという。(埼玉新聞)

2022.5.27 空自1尉に停職の懲戒処分、少女とみだらな行為

航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)は27日、18歳未満の少女とみだらな行為をしたなどとして、第6高射群本部の1等空尉(34)を停職60日の懲戒処分にしたと発表した。
基地などによると、1尉は昨年8月、同県八戸市内のホテルで複数回、少女とみだらな行為をしたとして、同12月に県青少年健全育成条例違反の容疑で岩手県警に逮捕された。二戸区検が略式起訴、二戸簡裁が罰金50万円の略式命令を出し、納付したという。(産経新聞)

2022.5.28 育成条例違反の教諭を懲戒免職

大分県教育委員会は27日、18歳未満の女性に淫らな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された大分市立中の男性教諭(27)=大分市=を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。男性は同日、大分簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。(毎日新聞)

2022.5.28 盗撮の県職員を停職の懲戒処分

神奈川県は27日、横浜駅構内で盗撮した総務局の男性職員(52)を停職6か月の懲戒処分とした。(毎日新聞)

2022.5.28 警官が車の中で知人女性の胸触る 停職の懲戒処分

車の中で知人女性の胸を触ったとして、石川県警は27日、20代の男性巡査部長を強制わいせつ容疑で金沢地検に書類送検した。県警は同日付で巡査部長を停職1か月の懲戒処分とし、巡査部長は依願退職した。
県警によると、巡査部長は昨年3月、車内で20代の知人女性の胸を服の上から触った疑い。同月下旬に女性が被害届を出した。
当時、巡査部長は勤務後に知人複数人とビールなどを飲み、酔っていたという。調べに対し、巡査部長は「自分の性的欲求を満たすために、衝動的に犯行に及んだ」と容疑を認めている。(読売新聞)

2022.5.30 淫行の3等陸曹を停職の懲戒処分

陸上自衛隊第5旅団(帯広)は30日、第5通信隊所属の男性3等陸曹(33)を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。(北海道新聞)

2022.5.31 電車や駅で繰り返し盗撮 24歳の中学校教諭を懲戒免職

電車や駅で女性のスカート内を繰り返し盗撮したとして、兵庫県教育委員会は31日、尼崎市立中学校に勤務する教諭(24)を懲戒免職にするなど、2件の懲戒処分を発表した。
県教委によると、教諭は2月18日午後、電車内で向かいの席に座った女性のスカート内をスマートフォンで動画撮影し、降車後も後をつけてエスカレーターで盗撮。さらに別の駅に移動し、女性のスカート内を繰り返し盗撮した。大阪府迷惑防止条例違反の疑いで逮捕され、発覚したという。県教委の聞き取りに「性的欲求を満たすことと、スリルを味わうためにした」などと話しているという。
また、高砂市立中学の男性教諭(59)は3月2日の掃除の時間に、男子生徒にほうきの使い方を指導したが改めなかったとして、生徒の右手首などをつかんで骨折させ、減給10の1(6か月)となった。(神戸新聞)

2022.6.3 広島県教委、わいせつ・セクハラで3教員を懲戒処分

広島県教委は3日、女子児童を盗撮したとして、県内の公立小の男性教諭(33)を懲戒免職にするなど、わいせつやセクハラに絡む3人の処分を発表した。(中国新聞)

2022.6.3 電車で強制わいせつ 宮内庁職員に停職の懲戒処分

宮内庁は3日、走行中の電車内で当時16歳の女性の下半身などをさわったとして、京都事務所(京都市)に所属する20代の男性職員を停職9か月の懲戒処分にした。男性は退職の意向を示しているという。
宮内庁などによると、男性は滋賀県内を走行中の電車内で、隣に座っていた女性の下半身などをさわったとして今年2月、県警高島署に強制わいせつ容疑で逮捕された。その後同罪で起訴され、大津地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。(産経新聞)

2022.6.14 知人女性の衣類に液体、中学の教諭を懲戒免職

新潟県教育委員会は13日、知人女性の衣類などに液体をかけるなどしたとして、当時妙高市立の中学校で勤務していた男性教諭(44)を免職の懲戒処分とした。男性教諭は4月に中越地方の特別支援学校に異動となっていた。
男性教諭は3月下旬に女性の衣類に液体をかけたとして器物損壊容疑で妙高署に逮捕され、5月19日に不起訴処分になった。(新潟日報)

2022.6.14 戦闘ヘリ隊員をわいせつで停職の懲戒処分

陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)は14日、面識のない10代の女性にわいせつ行為をしたとして、第1戦闘ヘリコプター隊の男性1等陸士(20)を停職4か月の懲戒処分にした。男性隊員は15日付で依願退職する。
駐屯地などによると、陸士は昨年1月25日午後9時50分ごろ、吉野ケ里町の路上で女性に馬乗りになり、下半身や胸を触った。同2月に強制わいせつ容疑で県警に逮捕され、同4月に少年院送致された。
事件当時は勤務終了後に許可を得て外出中で、陸自の聞き取りに「性的欲求を満たすためにやった。被害者に心の傷を負わせ申し訳ない」と認めている。(産経新聞)

2022.6.18 読売、元記者を懲戒解雇

知人女性への強制性交等未遂容疑で神奈川県警に逮捕された読売新聞東京本社の元記者の男性社員(25)=現総務局付=について、同社は16日に懲戒解雇処分にすることを決め、本人に通告した。(朝日新聞)

2022.6.18 福島県警の巡査、未成年少女と不適切な交際 減給の懲戒処分

未成年少女と不適切な交際をしたとして、福島県警の男性巡査が減給10分の1(3か月)の懲戒処分を受けていたことが17日、読売新聞の情報公開請求で分かった。
県警監察課などによると、男性巡査は警察署に勤務。昨年12月に不適切交際が発覚し、調査に事実関係を認めたという。処分は5月25日付で、男性巡査は同日付で依願退職した。(読売新聞)

2022.6.21 児童買春の岩手放送社員に罰金50万円の略式命令 懲戒解雇

盛岡区検は21日、10代の少女に現金を渡して性交したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の罪で、IBC岩手放送の男性社員(36)を略式起訴した。盛岡簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。岩手県警は別の少女への買春容疑でも逮捕していたが、21日付で不起訴処分となった。
起訴状などによると、5月1日、少女が18歳未満の児童であると知りながら、岩手県花巻市のホテルで現金1万円を渡して性交したとしている。
IBC岩手放送は21日、男性社員を懲戒解雇した。(産経新聞)

2022.6.23 元読売新聞社員を不起訴 強制性交未遂疑い 懲戒解雇

横浜地検は23日、女性への強制性交未遂容疑で5月に逮捕された元読売新聞社員の男性(25)を不起訴処分にした。6月15日に釈放されていた。理由は明らかにしていない。読売新聞東京本社は23日、懲戒解雇した。
男性は4月中旬に横浜市の女性宅敷地内で乱暴しようとした疑いで、逮捕された。当時、横浜支局の記者で警察取材を担当していた。逮捕時は総務局付だった。(産経新聞)

2022.6.25 15歳少女にわいせつ行為、県職員を懲戒免職 残業代なども不正受給

和歌山県は24日、18歳未満と知りながら少女にわいせつな行為をしたとして和歌山県伊都振興局の男性副主査(37)を懲戒免職処分し、発表した。
副主査は2021年11月、少女(当時15歳)に現金1万円を渡し、奈良市内のホテルでわいせつな行為をしたとして、今年5月10日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで奈良県警に逮捕されていた。同30日に奈良簡裁で罰金30万円の略式命令を受けた。即日納付したという。
また、県の調べで副主査は、18~21年度の4年間、残業したとうその申請をして手当計55万6354円(249時間分)を不正に得ていたことが分かった。20年度の通勤手当約5万6千円も不正受給していた。副主査は全額返還するとしている。(朝日新聞)

2022.6.26 歓迎会で記憶なくなるほど泥酔、バス停で女性の尻さわる 20歳消防士を停職の懲戒処分

熊本市消防局は24日、熊本県迷惑行為等防止条例違反(痴漢)で罰金10万円の略式命令を受けた男性消防士(20)を、停職2か月の懲戒処分にした。
発表によると昨年12月21日午後10時45分頃、同市中央区のバス停にいた20代女性の尻をさわったとして、任意で熊本県警熊本中央署の捜査を受けた。今月6日付で裁判所から略式命令を受け、罰金を納付した。
消防士は2021年4月の入局で、当日は新型コロナウイルスの影響で先延ばしになっていた本人の歓迎会が開かれていた。ビールなど十数杯を飲み、記憶がないほど酔っていた。
「被害者に一生忘れられない深い傷を負わせて申し訳ない。酒は二度と飲まない」と話しているという。(読売新聞)

2022.6.28 120人規模の乱交パーティー開催 男性自衛官を停職の懲戒処分

宿泊施設で120人規模の乱交パーティーを開催したとされる事件で、自衛隊千葉地方協力本部は27日、公然わいせつほう助の疑いで逮捕された同本部所属の男性准陸尉(54)を停職4か月の懲戒処分にした。
同本部によると、准陸尉は11~12日、静岡県湖西市の宿泊施設で乱交パーティーを開催。12日、公然わいせつほう助の疑いで静岡県警湖西署に逮捕された。
容疑を認め、同本部の聞き取りに対し反省しているという。同本部は、勤務態度に問題はなかったとしている。(千葉日報)

2022.6.28 商業施設の女子トイレで盗撮 中学教諭を懲戒免職

兵庫県教育委員会は28日、商業施設内のトイレで女性を盗撮したとして、姫路市立中学校に勤務する男性教諭(25)を懲戒免職にするなど、計5件の懲戒処分を発表した。
県教委によると、男性教諭は5月29日夜、加古川市の商業施設にある女子トイレで、個室内の女性をスマートフォンで盗撮した県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。聞き取りに「多忙な毎日で追い詰められたことによるものだと思う」などと話しているという。
また、指導中の生徒の胸元をつかんで非常扉に背中を押し付け、背中に打撲を負わせた姫路市立中の男性教諭(31)と、暴れ出した特別支援学級の生徒の額を平手で1回たたいた尼崎市立中の男性教諭(57)をそれぞれ減給10分の1(1か月)にした。
会議中に机をたたき、若手教諭に「恥を知れよ」とパワハラ発言をした神戸地区の県立高校の男性教諭(64)と、授業中に私語をしていた女子生徒に「彼氏いるん?」など不適切な発言をした阪神地区の県立高校の男性臨時講師(64)は戒告とした。(神戸新聞)

2022.6.29 公園の多目的トイレで盗撮 男性教諭を懲戒免職

大阪府教育委員会は28日、府立支援学校の男性教諭を懲戒免職処分にし、発表した。
発表によると、藤井寺市内の府立支援学校の男性教諭(55)は、4月26日夜、奈良市内の運動公園の多目的トイレで、女性の着替えを撮影しようとペン型カメラを設置。5月6日、奈良県警奈良署に出頭した。府教委の聞き取りに対し、「昨年以降、少なくとも7回、同様の行為を繰り返した」と話したという。(朝日新聞)

2022.7.5 市役所の女子トイレに4回侵入 男性職員を停職の懲戒処分

広島県尾道市は4日、市役所本庁舎内の女子トイレに侵入したとして、男性職員(48)を停職6か月の懲戒処分にした。
発表では、今年2月8日に女性職員がトイレの個室にカメラのようなものがあるのを見つけ、翌日、市が広島県警尾道署に通報。男性職員が同月2~8日に計4回侵入したとして同署に逮捕され、建造物侵入罪で罰金30万円の略式命令が確定した。カメラは見つかっていない。
市の聞き取りに対し、男性職員は「仕事や家庭の悩みが重なり、女子トイレに入って考えごとをしていた」などと話しているという。(読売新聞)

2022.7.7 わいせつ疑いで元教授逮捕 セクハラで既に懲戒解雇

勤務していた大妻女子大(東京)の20代の学生に睡眠導入剤を入れた酒を飲ませ、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、警視庁麹町署は7日、準強制わいせつの疑いで元教授(64)を逮捕した。
逮捕容疑は6月26日夜、元教授の自宅マンションで、睡眠導入剤の影響で意識がもうろうとして抵抗できなくなった女子学生にわいせつな行為をした疑い。署によると、当日は2人で夕食を食べていたという。
大妻女子大によると、元教授はセクハラ行為があったとして、7月1日に懲戒解雇されている。(共同通信)

2022.7.7 修学旅行下見先でわいせつ 川崎市立中の教諭を懲戒免職

出張先のホテルで女子高校生にわいせつな行為などをしたとして、川崎市教育委員会は7日、中原区内の市立中学校の40代の男性教諭を懲戒免職処分にしたと発表した。
市教委によると、男性教諭は昨年10月30日夜、修学旅行の下見で京都市を訪れた際、会員制交流サイト(SNS)で知り合った三重県在住の女子高校生(16)を宿泊先のホテルに呼び出し、わいせつな行為などをしたという。(神奈川新聞)

2022.7.7 盗撮罰金の講師、停職の懲戒処分

愛知県教育委員会は6日、友人の交際相手の女性が入浴する際に盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反罪で罰金30万円の略式命令を受けた、日進市立西小の男性臨時講師(24)を停職3か月の懲戒処分とした。県教委の聞き取りに「背徳感を味わいたかった」と話しているといい、6日付で依願退職した。(毎日新聞)

2022.7.8 船橋市職員、少女2人とみだらな行為 停職の懲戒処分

船橋市は7日、18歳未満の少女計2人とみだらな行為をしたとして県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、罰金刑が確定した環境部の男性職員(27)を停職6か月の懲戒処分にした。職員は市の聴取に対し、SNS(交流サイト)で知り合ったと説明。18歳未満だと知っていたという。
同市によると、職員は2020年10月から21年9月に計4回、県内の自宅などでそれぞれの少女とみだらな行為をした。今年5月に警視庁に逮捕され、略式起訴。6月に罰金80万円の略式命令を受けて確定した。
行為があった日は仕事が休みだった。少女を巡る別の捜査で関係が浮上したという。任意段階の捜査を受けた4月、市に申告した。(千葉日報)

2022.7.9 下着盗撮12回の40代教諭を懲戒免職

福井県教育委員会は7月8日、女性の下着を繰り返し盗撮したとして敦賀市立学校の40代男性教諭を懲戒免職処分とした。教諭は迷惑防止条例違反の疑いで県外の警察から任意で事情を聴かれている。
県教委などによると、敦賀市立学校の教諭は2017年8月から今年5月29日までの間、計12回にわたり、県外のコンサート会場周辺で女性のスカート内などをスマートフォンで盗撮した。29日に被害を受けた女性が警備員に伝え発覚し、過去の行為も確認された。(福井新聞)

2022.7.9 校内外で女子生徒の顔や体を触る・抱きつく 男性教諭を懲戒免職

広島県教委は8日、女子生徒の体を触るなどの行為をしたとして、広島県西部の同県立高校の男性教諭(63)(再任用)を懲戒免職処分にしたと発表した。
発表によると、男性教諭は2020年11月頃から今年5月頃までに勤務する高校の内外で女子生徒の顔や手、太ももなどを繰り返し触ったり、抱きついたりしたほか、首にキスしようとしたこともあったという。県教委の調査に「女性として触ってみたいと思った」と話したという。(読売新聞)

2022.7.9 乗務中に10代女性の胸を触ったJR車掌、罰金30万円、懲戒解雇

車掌として乗務中の電車内で乗客の女性の胸を触るなどしたとして、仙台区検は6日、福島県郡山市、JR東日本元社員の男(27)を県迷惑行為防止条例違反で略式起訴した。仙台簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。同社は5日付で男を懲戒解雇処分とした。
起訴状などによると、男は6月19日午前0時頃、JR東北線の電車内で、ボックス席に座っていた宮城県内の10代女性の胸を複数回触ったとされる。男は強制わいせつ容疑で県警に緊急逮捕されていた。(読売新聞)

2022.7.11 車で送迎中、女子児童にわいせつ行為 既に懲戒解雇

勤務先の障害児通所支援事業所に通う女子児童にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警鶴見署は11日、強制わいせつの疑いで、小田原市新屋、自称派遣社員の男(29)を逮捕した。
逮捕容疑は、2019年10月15日、同11月5日、21年5月8日の3回にわたり、横浜市内で同事業所に通う10代の小学生の女子児童の下半身を触るなどのわいせつな行為をした、としている。容疑を認めている。
署によると、同容疑者は当時、同事業所の社員だった。同容疑者は車で女児を送迎中に停車し、体を触るなどしたという。同容疑者から申告を受けた上司が署に届け出て発覚した。同容疑者は今年3月に同事業所を懲戒解雇されていた。(神奈川新聞)

2022.7.13 痴漢で消防士逮捕 不祥事相次ぐ西宮市消防局

電車内で女性の脚を触ったとして、兵庫県西宮市消防局の消防士(37)が逮捕されていたことが12日、明らかになった。市消防局では不祥事が相次いでおり、刑事事件や懲戒処分が発表されるのは昨年9月以降の約10か月で4件目。消防幹部は「たび重なる不祥事で市民の信頼を裏切り、申し訳ない」と陳謝した。
消防士は公休だった6月11日の午前9時ごろ、電車内で隣に座っていた女性の脚を触った疑いが持たれている。現行犯逮捕されたが、翌日に釈放。職場に報告せず、勤務を続けていた。
市消防局は7月11日昼、警察から在籍確認を受けたのをきっかけに事件を把握。本人に聞き取ったところ「衝動的に触れてしまった」と痴漢行為を認めたという。同日以降、自宅謹慎させている。
消防士は3月、勤務中のけんかで同僚を殴って頭突きしたとして、減給1か月の懲戒処分を受けた人物。逮捕を報告しなかった理由について「前回の懲戒処分のことがあり、言い出しにくかった。刑事処分が出れば報告するつもりだった」と話しているという。
市消防局では昨年9月以降、飲酒運転と当て逃げ容疑での逮捕、職場内での暴力行為、飲酒運転による物損事故が相次いで起きている。(神戸新聞)

2022.7.15 仕事の後、痴漢目的でJR埼京線に 5月に逮捕の高校教諭を懲戒免職

埼玉県教育委員会は14日、5月にJR埼京線の電車内で痴漢したとして県立蕨高校の男性教諭(35)を免職の懲戒処分にした。
県教育局県立学校人事課などによると、男性教諭は5月25日の退勤後、痴漢を目的に最寄りのJR川口駅から新宿駅まで移動して下り電車に乗り換え、池袋駅から板橋駅間、板橋駅から十条駅間の2回にわたり女性の尻を服の上から触った。女性に腕をつかまれそうになり十条駅で下車したところを近くにいた男性に止められ、東京都迷惑防止条例違反で逮捕された。(埼玉新聞)

2022.7.15 「欲望に負けた」 15歳買春の中学講師を懲戒免職

長崎県教育委員会は15日、交流サイト(SNS)で知り合った女子中学生に現金3万円を渡し、わいせつな行為をしたとして、佐世保市立祇園中の男性講師(28)を懲戒免職処分とした。県教委に「18歳未満と知っていたが、欲望に負けた」と説明している。
県教委によると、講師は「お金をあげるから性行為をしないか」とメッセージを送り、昨年10月、長崎市のホテルで15歳だった中学生とわいせつな行為をした。
講師は今月、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の罪で、長崎簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。(産経新聞)

2022.7.15 名古屋市水道局 強制わいせつ容疑で逮捕の職員を懲戒免職処分

名古屋市上下水道局は14日、強制わいせつ容疑で逮捕された男性主事(32)を懲戒免職処分とした。
男性主事は、マッチングアプリで知り合った女性にわいせつ行為をしたとして5月10日に逮捕された。被害者とは示談が成立し、同27日に不起訴処分となった。(毎日新聞)

2022.7.19 茨城県内外で複数回盗撮、休職中も 常陸太田市の男性主査を懲戒免職

茨城県常陸太田市は19日、龍ケ崎市内の駅の電車内などで盗撮行為をしたとして逮捕され、罰金50万円の略式命令を受けた常陸太田市水府地域振興課の男性主査(53)=同市=を懲戒免職処分にしたと発表した。同日付。
市によると、主査は4月3日午後4時50分ごろ、龍ケ崎市のJR龍ケ崎市駅に停車中の電車内で、女性のスカート内をスマートフォンで撮影したとして、山梨県警に茨城県迷惑防止条例違反の疑いで6月8日に逮捕された。さらに、金沢市内や甲府市内で盗撮した容疑でも6月28日に再逮捕された。甲府区検は3件の盗撮行為で略式起訴し、甲府簡裁が罰金50万円の略式命令を出していた。
市は、広域にわたる複数の犯行だった上、うち1件は昨年度末までの休職中の行為で、厳しい処分に至ったとしている。(茨城新聞)

2022.7.19 下着盗の隊員を停職の懲戒処分 陸自霞ケ浦駐屯地

陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地は19日、アパートのベランダから女性用下着を盗み逮捕されたとして、東部方面管制気象隊の男性1等陸曹(54)を停職15日の懲戒処分とした。同日付。
同駐屯地によると、1曹は休日だった2020年11月14日、茨城県土浦市内のアパートのベランダから下着1点(約500円相当)を盗んだとされる。県警から逮捕の連絡で発覚し、不起訴処分になった。1曹は「深く反省している」と話しているという。(茨城新聞)

2022.7.21 松戸市立中教諭を懲戒免職 港区乱交パーティー、女子高生にみだらな行為

千葉県教委は20日、東京都港区のホテルであった乱交パーティーに参加し、女子高校生にわいせつな行為をしたとして逮捕された松戸市立六実中学校の男性教諭(29)を懲戒免職処分にしたと発表した。教諭は5日に横浜簡裁から児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪で罰金80万円の略式命令を受け、翌6日に納付した。
県教委によると、教諭は2020年5月14日午後2時ごろ、同区のホテルでの乱交パーティーに参加し、18歳未満の女子高校生にわいせつな行為をした。同日は新型コロナ感染による臨時休校で、沢田教諭は在宅勤務になっていた。
今年5月23日に神奈川県警磯子署から同中学校に連絡があり、県教委が把握。教諭は3年生のクラス担任をしていたが、同日以降は出勤していない。教諭は6月14日に同法違反容疑などで逮捕された。
同教諭は県教委の聴き取りに「複数の男女で参加する会の募集をSNSで見て、好奇心で参加してしまった。子どもたちに顔向けできないようなことをした」と話したという。(千葉日報)

2022.7.21 未成年の女子生徒にわいせつ行為、小学校臨時講師を懲戒免職 他3人に懲戒処分

兵庫県教育委員会は21日、18歳未満の女子生徒とみだらな行為をしたとして、淡路地区の公立小学校に勤務する20代男性臨時講師を懲戒免職とするなど、計4件の処分を発表した。
県教委によると、男性講師は勤務先とは関係のない女子生徒2人と知り合い、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合うようになり、このうち1人と今年4、5月にみだらな行為をしたほか、2人に講師の裸の画像を送信するなどした。講師自身が学校に申し出て発覚したという。
また、阪神地区の公立中学校の30代男性教諭は昨年11月ごろから、顧問を務める部活動に所属していた女子生徒に対し、LINEで「かわいすぎる」「もてまくるやろ」などのメッセージを多い日で1日37通送信。別の学校に異動した後の今年5月にも2回、この生徒を自宅まで送って抱きしめるなどしたとして、停職3か月となった。
丹波地区の県立高校の20代男性臨時実習助手は、互いに好意を持っていた女子生徒と抱き合うなどしたとして停職1か月、神戸地区の県立高校に勤務する再任用の男性教諭(63)は同僚を大声で怒鳴るなどのパワハラ行為をしたとして戒告処分となった。(神戸新聞)

2022.7.22 SNSで知り合った少女にわいせつ疑い 高校講師を懲戒免職

神戸市教育委員会は22日、大阪府警に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検された市立科学技術高校講師(36)を懲戒免職にする処分を発表した。
市教委によると、講師は昨年11月30日、大阪府内にある商業施設の駐車場に止めた車の中で、交流サイト(SNS)で知り合った18歳未満の少女に対し、現金を渡す約束をした上でわいせつな行為に及んだ。6月23日に書類送検され、市教委の聞き取りに「さみしかった」などと話しているという。(神戸新聞)

2022.7.22 盗撮容疑で3等陸曹を停職の懲戒処分

陸上自衛隊奄美駐屯地(鹿児島県奄美市)は22日、同駐屯地奄美警備隊の男性3等陸曹(31)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。
同駐屯地によると、3等陸曹は2019年9月6日、市内の民間宿泊施設で盗撮したとして県警に検挙された。3等陸曹は書類送検された後、被害者側と示談が成立して不起訴処分になり、「性的欲求を満たすために盗撮した」と話しているという。(毎日新聞)

労働問題に関する相談受付中

営業時間:平日(月曜日~金曜日)10:00~18:00 /土日祝日は休業