• 2020年5月6日
  • 2020年6月24日

会社経営者のための新型コロナウイルスに関する労務対応Q&A(休業から廃業・倒産まで)

【最終更新2020年5月10日】2020年1月から始まった新型コロナウイルスの蔓延。会社としては,従業員が感染した場合に余儀なくされる感染予防策のみならず,緊急事態宣言の下で都道府県より休業要請がなされ,事業所や店舗を休業せざるを得ないなど事業に支障が生じています。感染した社員の出勤を禁じてよいのか?出勤を禁止している期間は休業手当を払う必要があるのか?休業による業績悪化により賃金削減や解雇ができ […]

  • 2019年1月30日
  • 2020年6月24日

求人詐欺!?トラブルにならない「求人票」の書き方,条件変更のやり方

近時、求人詐欺トラブルが増加している。求人詐欺とは,求人企業が現実の労働条件と異なる労働条件(好条件)を餌にして雇用契約を締結し、それを信じた労働者を予期に反する悪条件で労働を強いることを意味する。求人票の記載と比較して実際には「低い賃金だった」「少ない休日数だった」「仕事内容が違う」という形でトラブルとなる。 しかし,求人企業としては求人票を出す段階では賃金額や職務内容などを確定できないことも多 […]

  • 2019年1月11日
  • 2020年6月24日

利用急増中!?退職代行への会社の対応方法

近時,会社を辞める際に「退職代行」なる新たなサービスを利用する労働者が急増している。労働者側としては,「退職することを言いにくい」「うしろめたい」という気持ちや,勤務先が「退職をさせてくれない」「強硬な引き留めを行う」などという事情もあるようだ。 ただ,会社の側からすれば,いきなり退職代行業者を名乗る第三者を通じて退職を申し出られた場合,どのように対応するべきか迷うことも多いであろう。また,ネット […]

  • 2018年11月22日
  • 2020年6月24日

10分で分かる!インフルエンザに感染した社員への会社の対応 (出勤禁止,医師受診等)

11月も中旬を過ぎ,寒い季節がやってきました。そして,12月を過ぎるといよいよインフルエンザの流行シーズンが本格化することになります。インフルエンザは38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の重篤な症状が出るのが一般的ですが,それに加えてウイルス拡散による感染力が強く,短期間で感染が拡がるという点が特徴です。社員の中でインフルエンザに感染している者がいる場合,社内で感染が拡がり病欠する […]

  • 2018年10月30日
  • 2020年6月24日

10分で理解!台風で会社を休業とする場合でも休業手当を払わない方法

今年(2018年)も大型台風が日本各地を襲いました。台風に伴う集中豪雨により会社施設に支障が生じたり,公共交通機関が運休となる為,休業とした企業も多かったと思います。 このように台風で会社が休業となる場合,会社は社員に必ず休業手当を支払わなければならないのだろうか? このようなことでお悩みの会社・社長も多いと思います。そこで,台風で会社が休業となる場合,休業手当の支給の必要性や実務対応について,労 […]

  • 2018年6月5日
  • 2020年6月24日

オワハラで学生から訴えられる?経営者が知るべきオワハラ対処方

オワハラとは、「就活終われハラスメント」の略であり,採用選考を行っている企業が学生に対して他社の選考を辞退するように強要し就職活動を終わらせるよう迫る行為を意味する。早期に優秀な学生を囲い込みたい企業の思惑は理解できるとしても,行き過ぎた足止め策は法的トラブルのみならず様々なデメリットを生み出す。そこで,オワハラの具体的対応方法について説明したい。

  • 2018年6月4日
  • 2020年6月24日

5分で理解! 減給の懲戒処分の限界 

社員が重大な規律違反を犯した場合,減給の懲戒処分を行うことがある。その場合,3ヶ月間賃金月額10%カットといった減給をしたいという経営者も多いだろう。しかし,減給の懲戒処分に対しては法律上の制限があるのだが分かりにくく誤解している経営者も多い。そこで,今回は減給の懲戒処分の限界について具体的な事例を示しながらわかりやすく説明したい。

  • 2018年6月2日
  • 2019年2月9日

退職した社員に対して損害賠償を請求できるか?

人手不足の昨今,人材の確保に頭を悩ませる企業も多い。社員採用の為にかかる求人広告費や人材紹介会社への費用もバカにならないくらい高額だ。せっかく採用した社員が,すぐに辞めてしまった場合,無駄になった求人経費を損害賠償請求したいと思う経営者も多い。そこで,退職した社員に損害賠償を請求できるのかについて説明したい。

  • 2018年5月27日
  • 2020年6月24日

もう迷わない!分かりやすい懲戒処分の判断基準

社員による不祥事が生じた際,会社は懲戒処分を検討することが多い。会社の秩序を守るためには厳しい処分をもって臨みたい。 しかし,懲戒処分の選択を誤ると,後々になって従業員から懲戒処分無効の訴訟を起こされるリスクがある。 とはいえ,軽い処分では戒めにならない。 一体どの程度の懲戒処分が適当なのか?迷う会社も多いだろう。そこで,今回は会社にとって参考になる懲戒処分の基準について,踏み込んで解説をしたい。