高齢労働者の継続雇用

高齢者を採用する場合の注意点

社長
高齢者を雇い入れる際に注意する点はなんでしょうか?
弁護士吉村雄二郎

高年齢者の雇用については,次のようなルールがあります。1,65歳までの雇用機会の確保(1) 60歳以上定年(2) 高年齢者雇用確保措置,定年年齢を65歳未満に定めている事業主は、「定年の引上げ」「継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を実施する必要があります。(高年齢者雇用安定法第9条)※高年齢者雇用安定法が改正され、平成25年4月1日より施行されています。これによって、高年齢者雇用確保措置の一つである「継続雇用制度」については、希望者全員を対象とすることが必要となりました(以前は、継続雇用の対象者を限定する基準を労使協定で定める仕組みが認められていました。)2,中高年齢離職者に対する再就職の援助3,高年齢者雇用に関する届出

65歳までの雇用機会の確保,中高年齢離職者に対する再就職の援助,高年齢者雇用に関する届出

労働問題に関する相談受付中

営業時間:平日(月曜日~金曜日)10:00~18:00 /土日祝日は休業