未成年者雇用

未成年者の募集・採用の注意点

社長
中卒の未成年者を雇い入れようと考えていますが,どのような点に注意すればよいでしょうか?
弁護士吉村雄二郎
未成年者は原則として,「満十五歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了するまで、これを使用してはならない。」として,義務教育終了(中学校卒業)の時点までは未成年者を働かせてはならないとされています(労基法56条)。ご質問のケースですと中卒の未成年者ということですので,働かせることは可能です。その他,15歳以上の未成年者を働かせる際,労働契約の締結は本人にしかできず,保護者が代行することは禁止されています。また,給料の支払いも同様に労働者本人に直接支払うことが義務付けられています。なお,18歳未満の年少者については労働時間の制限が設けられています。一部例外を除き原則として午後10時から午前5時までの深夜時間帯の就労は禁止です。さらに,時間外労働,休日労働は禁止されています。以上の点に注意する必要があります。

未成年者の雇い入れには労基法上各種の制限がある。

労働問題に関する相談受付中

営業時間:平日(月曜日~金曜日)10:00~18:00 /土日祝日は休業